menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

■大 阪

2009年7月6日、武庫川女子大学・甲子園会館(3)

ロビーを中心に東西のホールをつなぐ赤絨毯の敷かれた廊下。 「ALWAYS・三丁目の夕日」のロケにも使われたそうです。 柱の意匠に注目。 また館内の照明には貝殻型のシェードが統一使用されている。 minolta AF17-35 F3.5G F8 1/8 東西棟のてっぺんにあ…

2009年7月6日、武庫川女子大学・甲子園会館(2)

褐色のタイルとテラコッタの装飾が特徴的な建物の中庭側。 minolta AF17-35 F3.5G F4.5 1/2000 日華石(にっかせき)の彫刻と壁面タイルで構成されたこの塔は、船橋を髣髴とさせる。 minolta AF70-210 F4 F4.5 1/1600 幾何学的な彫が施されている。 一説に旧…

2009年7月6日、武庫川女子大学・甲子園会館(1)

ヨドコウ迎賓館を見学した翌日が甲子園会館の公開日だったので、あらかじめ申請を済ませておいた。 あいにくの曇り空。 JR神戸線の甲子園口駅から概ね徒歩15分で到着。 左右対称の外観は旧帝国ホテル同様「ライト式建築」として知られている。 設計は旧…

2008年7月12日、大阪(9)ダイビル

ビル上部の見事なレリーフ。 α700 AF70-210 F4 ダイビル正面を飾るレリーフ類を望遠で引き寄せてみる。 上部の白い筒のようなものは電燈。 明かりが灯される夕暮れ時にまた訪れたいと思った。 α700 AF70-210 F4

2008年7月12日、大阪(8)ダイビル

その天井を今度は1階のエレベーターホールから見上げる。 このビルが壊されるなんて、ホントもったいないと思う。 α700 AF17-35 F3.5

2008年7月12日、大阪(7)ダイビル

ダイビルの見所のハイライト、2階エレベーターホール。 1階からの吹き抜けからギーガー(映画・エイリアン)を思わせる天井の意匠は見事としか言いようがない。 2Fエレベーターホール。美しいですねえ。。。 α700 AF17-35 F3.5

2008年7月12日、大阪(6)ダイビル

周りは再開発で高層ビルが立ち並ぶ。 α700 AF17-35 F3.5

2008年7月12日、大阪(5)ダイビル

大阪出張の折、2009年に取り壊し予定のダイビルを訪れた。 こちらも現代ではありえない彫刻があしらわれたエントランス。 α700 AF17-35 F3.5 ビル側面には可愛らしいレリーフに縁取られた頑丈な鉄扉が。 ここからも地下1階の商店街にアプローチできる。…

2008年7月12日、大阪(4)大丸心斎橋店

正面玄関上部には鷲とペリカン?の彫像が3羽づつ表通りを見守っている。 写真撮影はかなわなかったが、同店は内部のアールデコ装飾も必見の価値がある。 大阪を訪れた際には、心斎橋までぜひ足を運ぶことをお勧めする。 α700 AF17-35 F3.5

2008年7月12日、大阪(3)大丸心斎橋店

全体外観。この威容にには驚くばかりだが、そこかしこに設えられているイルミネーション用の豆球は、正直昼間は邪魔。建物の魅力をスポイルしている。 α700 AF17-35 F3.5

2008年7月12日、大阪(2)大丸心斎橋店

正面入り口。 もうあきれるくらいの意匠。 α700 AF17-35 F3.5

2008年7月12日、大阪(1)大丸心斎橋店

憧れだった心斎橋の大丸へ。現代ではありえないアールデコ調の外観 α700 AF17-35 F3.5


スポンサードリンク