menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

■映 画

映画『THE GUILTY ギルティ』(原題:Den skyldige)を観た。

若干のネタばれありますので、未見の方はご注意を。 緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々…

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』を観た。

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』を観た。 公開から時間が経ってしまった。今日観てきた。 原作はハードカバー刊行時に買って読んだが、失礼ながら既に内容は忘れてしまっていた。 結果として、原作の内容を思い出しながらのアニメ観賞となった。 「そうそ…

映画『ペンギン・ハイウェイ』シアターごとの客の入りに偏りあり

今日のランチも〈百鶴楼〉(ばいふうろう)。麻婆豆腐は適度な辛さだけれど、menehuneがちょうどいいと感じるくらいなので、辛党の方には物足りないと思う。 映画『ペンギン・ハイウェイ』、もう10回近く観ている。どっぷり嵌ってしまった。 ネットで混み具…

映画『ペンギン・ハイウェイ』を観た。【考察追加】

映画『ペンギン・ハイウェイ』を観た 公開初日。ブルク9時の回。 『未来のミライ』とは比べられんほど面白い! 追って書く。 【追記】【さらに8月19日追記】【8月20日考察追記】 若干のネタバレあります。 劇中、ひたすら強調されるお姉さんの「おっぱい」。…

映画『カメラを止めるな!』を今日も観た。そして、感じた〈まずい点〉

映画『カメラを止めるな!』を今日も観た。そして、感じた〈まずい点〉 川崎チネチッタは口コミで集まった客で各回満席であり、現在『カメラを止めるな!』があてがわれているCINE10(191席)×5回転から、惨敗の商状を呈している『未来のミライ』に見切りをつ…

映画『カメラを止めるな!』を観た。【追記あり】

映画『カメラを止めるな!』を観た。 素直に面白かった。 『未来のミライ』を観て、鬱った気分を盛り返してくれた。 【2018年7月25日追記】 「赤ちゃん返り」とか、どうでもいいのよ。 『カメラを止めるな!』くらいの本を書きなさいよ。細田はんは。 上田慎…

映画『未来のミライ』を観た。そして、主人公自宅モデルも判明。

映画『未来のミライ』を観た。そして、主人公自宅モデルも判明。 ©2018 スタジオ地図 アニメ作品上で、若夫婦の自宅として描かれるのが、丸で囲った場所。 横浜市磯子区富岡西1丁目19-Xが現地モデルだ。 ただし、暑いし、近所迷惑だし(だったらお前が書くな…

映画『レディ・プレイヤー1』(原題:Ready Player One)を観た。

映画『レディ・プレイヤー1』(原題:Ready Player One)を観た。 若干のネタバレあります。 オープニングの黒味からタイトルバック、そして映像カットイン、という流れ、menehuneは当てましたよ。観ながらQUEだして、その通りになった快感! 明確に中国系の…

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(原題:The Shape of Water)を観た。

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(原題:The Shape of Water)を観た。 それなりのネタバレを含むので、アカデミー賞作品賞を受賞したいま、これから観にいく方は要注意。 京都アニメーションはんで劇場アニメ映画化され、2016年9月に公開された、大今良…

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』を観た。

さあ、映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』である。 ※若干のネタバレを含みます。 ※エロさ迸る表紙(レイリアの尻 ハァハァ・笑)のパンフレットは買っていません。 『あの花』『ここさけ』の岡田麿里が満を持して贈る、一大感動巨編!・・・だそうで…

映画『スリー・ビルボード』(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)を観た。

映画『スリー・ビルボード』(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)を観た。 若干のネタバレを含みます。 〈Billboard〉なんて言われると、menehune的には、新橋あたりの屋上看板を想像するし、(あっ、ごめん)中村真理はんがVJを務めた、TVK…

Streets of Fire(ストリート・オブ・ファイヤー)Blu-rayを観た。

Streets of Fire(ストリート・オブ・ファイヤー)Blu-rayを観た。 2017年11月にリリース済み。遅ればせながらこの1月に購入。 さっそく観賞。 もちろんソースはSD環境なので、若干の粗は散見されますが、1984年公開の本作。 menehuneのエヴァーグリーンにし…

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(原題 Star Wars:The Last Jedi )を観た。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(原題 Star Wars:The Last Jedi )を観た。 相応のネタバレを含みます。 お叱りを覚悟で書くけど、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の時に感じた不安が、より明確になった感は否めまい。 主人公が女性と…

『バケモノの子』細田守監督の新作『未来のミライ』2018年7月公開。舞台は横浜。早速、特定してみた。

『バケモノの子』細田守監督の新作『未来のミライ』2018年7月公開。舞台は横浜らしい。 早速、特定してみた。 特報の冒頭、空撮っぽいパン・ダウンの映像から得られた情報から察するに、舞台は横浜の金沢区の富岡という住居表示のあたりですかね。 ここが主…

映画『氷菓』を観なかった。

映画『氷菓』を観なかった。 11月の3連休、11/3(金・祝)から上映が始まった米澤穂信はん原作の『氷菓』実写版。 結局、この3連休、観る気が起きなかった。 一日の行動を本作を軸に練っていたのに。 他所に行動のメインを譲ってしまった。 正確には、観る気…

映画『ブレードランナー 2049』を観た。

映画『ブレードランナー 2049』を観た。 全世界のオタク層の支持を集めた前作からおよそ「30年後」の世界を描いた本作。 本作に関しては、周りの連中にもひとくさり語りたい「人間」が多いので、対処に困ったりもする。 それほど、エポックメイキングだった…

映画『エイリアン:コヴェナント』(原題:ALIEN:COVENANT)を観た。

映画『エイリアン:コヴェナント』(原題:ALIEN:COVENANT)を観た。 室井さぁん! フェイスハガー、剥がぁれませええん! つまらない冗談はさておき。 かつて書いたエントリで『プロメテウス』を観ている筈なのに、内容を全く思い出せない。 本作、『エイリ…

映画『三度目の殺人』を観た。

映画『三度目の殺人』を観た。 是枝裕和監督と福山雅治はんが『そして父になる』(2013年)以来、再びタッグを組む本作。『海街diary』(2015年)に続き、 広瀬すずはんがキャスティングされている。 是枝はんの監督作品は結構観ているほうだな。 映画『君の…

映画『ダンケルク』(原題:DUNKIRK)を観た。

映画『ダンケルク』(原題:DUNKIRK)を観た。 ※若干のネタバレあり TBSで町山はんが褒めてたのと、予告編の出来が良かったのとで、今日、楽しみに観賞した。 結果、つまらなかったです。 ダンケルクからの連合軍の撤退戦を、登場人物からの視点を変えること…

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観た。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観た。 今日観てきた。平日17時の回に観れたことはラッキーだった。 にしても、542席もある箱で、観客は50もいなかったな。夏休みなのに、これはこの週末から規模縮小かな。 シャフト、というアニメー…

サム・シェパードはん、死去。映画『ライトスタッフ』のチャック・イエーガー役

先週のニュースでショックだったのは、サム・シェパードはんが亡くなったというニュース。 以前から述べているmenehuneが大好きな映画『ライトスタッフ The Right Stuff』で、孤高の米空軍パイロット、チャック・イエーガーを演じた方である。 合掌。 そうい…

映画『ライフ』(原題:LIFE)を観た。2017だよ。

映画『ライフ』(原題:LIFE)を観た。2017だよ。 LIFE!/ライフ (2013)とは異なりますからね(SEO的にはまずい)。 以下、ネタバレ含みます。 「デッドプール」の脚本チームが仕掛ける、最強SFホラー 「生き残る」それがヤツの本能。 無重力のISS(国際宇宙…

映画、『ハクソー・リッジ』(原題:Hacksaw Ridge)を観た。

映画、『ハクソー・リッジ』(原題:Hacksaw Ridge)を観た。 内容に関して少しネタバレあります。 第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉で武器を持たずに、たった1人で75人の命を救った男の実話から生まれた衝撃作 銃も手榴弾もナイフさえも、何ひと…

映画「怪物はささやく(原題:A Monster Calls)」を観た。

映画「怪物はささやく(原題:A Monster Calls)」を観た。 英文学最高峰《カーネギー賞/ケイト・グリーナウェイ賞》W受賞のベストセラー映画化。 破壊と感涙のダーク・ファンタジー 映画『怪物はささやく』 3歳の少年コナーは、難しい病を抱えた母親と2人で…

映画「夜明け告げるルーのうた」を観た。

映画「夜明け告げるルーのうた」を観た。 【公式より】 湯浅政明監督作品 映画公式サイト 2017年5月19日公開。圧倒的な独創性で観客を魅了する“天才”湯浅政明がほんとうに作りたかった物語 keywords:夜明け告げるルーのうた,斉藤和義,湯浅政明,ねむようこ,谷…

映画「メッセージ(原題:ARRIVAL)」を観た。

映画「メッセージ(原題:ARRIVAL)」を観た。 若干のネタバレあります。 【公式より】 突如出現した未知なる飛行体―。 “彼ら”は人類に<何>を伝えようとしているのか? 『ブレードランナー』続編の監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが贈る すべての人の胸を打つ感…

映画「スプリット(原題:Split)」を観た。

映画「スプリット(原題:Split)」を観た。 若干のネタバレあります。 【公式より】 M.ナイト・シャマラン史上、最も衝撃的なラスト!女子高生3人vs 23+1人”の攻防。あなたはこの結末を決して予想できない!! 鬼才健在をアピールした「ヴィジット」からわ…

映画「ブレードランナー2049」で気になること(多分無理)。

今秋公開される映画「ブレードランナー2049」が期待されているわけだが、予告を見る限り、ハリソン・フォードもいい感じに枯れていて、楽しみなのである。 さて、そんな本作で、menehuneが密かに楽しみにしていることがある。 それはもちろん、「二つで充分…

映画?「ブレイブウィッチーズ ペテルブルグ大戦略」を観た。そして、神回が見たくなった。

【公式より】 1930年代、欧州を中心に突如出現した人類の敵「ネウロイ」。 通常の兵器による破壊が困難なネウロイに対抗できるのは、ウィッチと呼ばれる、特殊な魔法力を持った少女たちだけだった・・・。 「ブレイブウィッチーズ」は「ストライクウィッチー…

映画「夜は短し歩けよ乙女」を観た。

映画「夜は短し歩けよ乙女」を観た。 森見登美彦原作のベストセラー青春恋愛小説がアニメーション映画化。 主人公“先輩”役に星野 源。ヒロインの“黒髪の乙女”役に花澤香菜。 監督は、「四畳半神話大系」や、映画「マインド・ゲーム」の湯浅政明。 また脚本の…


スポンサードリンク