menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2008年11月28日、北九州(5)旧秋田商会ビル


スポンサードリンク



ホンマ、惚れ惚れする旧秋田商会ビル外観。
建物のコーナーに入り口があるビルって今無いからねえ。
青空もいい感じです。
minolta AF17-35 F3.5G
F8
1/200

_DSC0570.jpg

旧秋田商会ビルの裏側です。
近隣からの延焼を防ぐ鉄製の耐火扉がポイントです。
minolta AF17-35 F3.5G
F8
1/200

_DSC0572.jpg

ここでも旧ミノルタレンズ群の撮り比べを。まずは高いやつから。コントラストがはっきり出る傾向はここでも。
minolta AF17-35 F3.5G
F6.3
1/1250

_DSC0575.jpg

続いて安く買ったレンズで。
まったく同じ条件ではないけれど、少しこちらのほうが眠いか。ニュートラルといえばそれもそうかも。
minolta AF28-85 F3.5-4.5
F8
1/200

_DSC0581.jpg

足早に通り過ぎる雨雲を背景に。
minolta AF28-85 F3.5-4.5
F10
1/640

_DSC0583.jpg

旧秋田商会の屋上には近代日本初とも言われる日本庭園と茶室が存在しますが、現在見学は出来ません。
屋上へ続く螺旋階段(木製!)の強度が保証出来ないそうで。なんとも残念です。
現在旧秋田商会ビルの内部はかなり痛みが進行している印象を受ける。コンクリには大きなヒビが入り、雨漏りの跡も見受けられた。
往時の姿が垣間見れないリノベーションはよくある話。また地方自治体も苦しい政状状況なのはわかるが、
いつまでも残してほしいものである。
minolta AF28-85 F3.5-4.5
F10
1/500




スポンサードリンク