menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2009年10月、ポートレート試写


スポンサードリンク



ソニーのフラッシュHVL-F58AMの試写のため、いくつかイベント会場へ足を運ぶ。
背景を明るく写すことを念頭に入れ、スローシンクロも実践してみた。
minolta AF100 F2 F2.2 1/100

_DSC7136.jpg

AF100 F2 はいい写りで歩留まりも悪くない。
minolta AF100 F2 F2.8 1/100

_DSC8396.jpg

スローシンクロの一例。照明の暗いイベント会場でも背景を明るく出来る。
minolta AF100 F2 F2.8 1/40

_DSC8405.jpg

シャッタースピード1/20。 ピクセル等倍だとさすがに何だが、手ぶれ補正のおかげもあり、まずまずの出来。
minolta AF100 F2 F2 1/20

_DSC7689.jpg

こちらはコニカミノルタブランドのAF24-105ズームにて。
ディスコンとなり、後継機が待たれる汎用ズームだが、わたしのA900とは相性が良くない。
これはその中でもいいな、と思えるショットだが、全般歩留まりはかなり悪い。
minolta AF24-105 F3.5-4.5 F4.5 1/80

_DSC8485.jpg

これもスローシンクロにて撮影。1/13秒!だが、この程度のサイズなら十分合格点。
minolta AF24-105 F3.5-4.5 F4.5 1/13

フラッシュとディフューザーと絞り補正との関係、レンズ最短距離との戦い、スローシンクロ時の手ぶれ(対象が動くこともありますが)など、屋内撮影の楽しみと苦労は表裏一体。


スポンサードリンク