menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

『けいおん!!』雑感(3)#8 進路!で印象的だったこと。


スポンサードリンク


SONY A900
minolta AF17-35 F3.5G 1/160 F4 +1.0EV

5月25日、関東では「けいおん!!」#8『進路!』がオンエアされたわけで。
いつもの掲示板で言われているような、いないようなだが、私的にはちょっと残念回ってことで。
原作どおりにやってくださいとは決して言いませんが、脚本、演出とも消化不足、昇華不足でしょうか。
2期で味わう初めての気持ちです。。。

疲れたので今日はもう寝ます。
でも、なかなか深いところもあった今回、じかいついきします。。。

【追 記】ネタバレあります。
以前から申している通り、スプーン一杯のエロ要素をちりばめつつ展開する「けいおん!!」2期だが、今回、それらしいポイントがなかったような。あっ、唯のコスプレがそうなのか。。。
さて、#8『進路!』で印象に残ったのは、

*アバン、おいおい大丈夫かよ、チビ唯ちゃんてなハラハラ感に1ポイント。
*「けいおん!」1期#1『廃部!』でも描かれた唯と和のやり取りは、山田、堀口両氏へのオマージュ描写。使い回しのように見えますが、書き直してます。これは微笑です。
*「ここはニッポンだー!英語いらね」てなオリジナル脚本に若干萎え。そのあとの「紙切れなんかに・・・」の言い回しは原作どおりで微笑。
*律「そんな、そんな・・・馬鹿な」の描写、大きく悪寒。
*紬が女子大チョイスの件で「父親のすすめで・・・」「理由は・・・」の原作台詞カット。悪寒。
*紬「その話の続き・・・」発言に至るウズウズ葛藤描写の自粛?カット。大きく悪寒。紬をそっちの方で描かないようにしている?
私は原作至上主義では決して無いけど、何かに遠慮しているのだろうか?1期はノーマーク。でも今は外圧だらけってことなんでしょうか。
拳骨描写の消失も相まって、「毒にも薬にも」感が強まらなければいいのだが。

このまま行くと「たんこぶと私」回の名台詞と名描写も拝めないということになりかねない。。。

*何気にチビ和・藤東さんの「なめちゃだめえ」激萌のち爆笑。
*チビ唯、和、澪、律と、声優さんも大変そうだったけど、佐藤聡美さんは一歩抜き出てますね。やはりこの人上手い。
*さわちゃん回想時のサントラも1期オマージュ。微笑。スローダウンのオチもいい。一連のシークエンスが職員室で展開というのもいい。さわちゃん、駄目だよ、職員室で生徒のほっぺつまんじゃ。部室でだけにしときなさいw

08-001.jpg
*唯のツインテールきました!微笑。

*本編には校舎のそれも含め亀にまつわる描写、エピソードが多かったが、恐らく製作陣は豊郷小学校を町に寄贈した近江商人、古川鉄次郎と建築家ヴォーリズのエピソードを参考にしたのではないかと勝手に推測。
「兎と亀」というのはイソップ童話のそれなのだが、豊郷町の同校公式HPにそのエピソードが動画で紹介されている。何気ないものだけど、第8話を見てから改めて見返すとあなたも号泣するかもしれません。私は号泣しました。ちょっと注意しておきますね。
この豊郷小学校にまつわるエピソードを今回は桜高に持ち込んだということ。
地道に努力する生徒たちは亀の甲羅をさすり、亀の像及び学友たちと努力の意識を共有し、日頃の修練の再確認を行ってるというところでしょうか。

*今回の話、オチはありません。強いて言うなら前述の甲羅をさする描写がオチこの行為の裏にある生徒たちの気持ちを共有できればいいのです。
原作同様『進路!』については続きが用意されています。原作をどう料理するかが楽しみです。

【追記】
ちなみに上記のスライドショーには改修前の豊郷小校舎の画像が収録されているので、その意味でも価値のあるものかと思います。

©かきふらい芳文社桜高軽音部


スポンサードリンク