menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ『けいおん!!』雑感(9)#14 夏期講習!を見た印象。そして新OP/EDキター!


スポンサードリンク



SONY A900
minolta AF17-35 F3.5G 1/30 F8

キマシタワー!!!!!
けいおん!ヲタならアバンで澪の部屋が映ったとき、ドキッとしたのではないでしょうか。
ついに原作の「あの回」がオンエアされるときが来たのです!
そして同時に今回、ファンはドキドキしていました。果たしてOP/EDは差し替わるのか否か。。。

7月6日、関東では「けいおん!!」#14『夏期講習!』がオンエアされました。
私的にはもちろん神回ってことで。
あっ、ちなみに「かきこーしゅー!」って紬風「もうひとこえー!」のノリでなぞると楽しいですよ。。。イカン、壊れたオレ。

以前から申している通り、スプーン一杯のエロ要素をちりばめつつ今回も展開。
さて、#14『夏期講習!』で印象に残ったのは、 ※以下ネタバレ含みます。

14-001.jpg
まずはアバン。ここは「律ムギデート回」がどう展開するのか、そしてアバン後のオープニングが差し替わるのかどうか、2つのワクワク感がせめぎ合うとても忙しい視聴状況なわけです。

14-002.jpg
勉強優先の澪に断られ、修学院駅前(と設定したんですね)で途方にくれる律なのですが、
律のあの台詞、原作どおりやってくれて少しびっくり。

14-003.jpg
そんな律、ムギを発見します。 予定をキャンセルして律ムギデートのスタート!!
そしてOPは、、、

14-004.jpg
ギャー!!!!!(原作でよく使われるギャー落ち風にw)新OPキター!!!!!
予想当たったー! 発売日予想は外れ。8月4日発売。今回の対抗馬は?ワン・ツーフィニッシュできるかな?

オープニングテーマ「Utauyo!! MIRACLE」

OPアニメーション
絵コンテ  山田尚子
演  出    山田尚子  石原立也
作画監督  堀口悠紀子

何かの催し物があって、その過程をビデオカメラで記録している風。そのイベントは「謝恩会」に見えなくも無いです。

*一人一芸披露して、紬の例の物まねを必死で止める律に爆笑。こうやってビデオ撮影するってことは関係者にもDVDとかで頒布するってことだから、娘のこんなあられもない姿を家族には見せられまい、っていう律の気遣い描写だと思います。ではダメ出しをくらった紬は替わりにどんな芸をするのか?? 本編で明らかにされることを期待しましょう。
でも、和が3年2組の一連の描写に映りこんでいないって。。。ジャケ裏での回収あるのかー!
。。。まさか「謝恩回」に出席できないアクシデントが。。。

*またはこういう設定も妄想できます。上野樹里主演の「SWING GIRLS」でもあったように、何かのバンドコンクールに演奏風景やバンドのプロフィールを録画したビデオ(DVD)を応募しなくていけない。そこで3年2組の協力を仰いで「いかに盛り上がっているか」風の映像を収めることになった。カメラマンは和。だから映っていない。本選は日本武道館。。。ってね。
KYムギの物まねを止めた律の狙いは、これはさすがに審査員に見せられない。。。という。。。

*3年2組はOPシングルの通常版ジャケでも登場しますけど、これも通常の2つ折でなく、内三つ折でさらに生徒が登場(和もね)って仕様だと素敵ですね。

*演奏シーンは教室の机を並べて、ドラムも含めHTTメンバーはその上で演奏しているんですね。
何度か観て気付きました。。。危ないって。。。
*そしてまさかの3年2組モブ登場! 唯の振り付けに合わせて全員が一回転するところでも爆笑。
*唯の秘密兵器「マイク内蔵ペンケース」にも爆笑。
*皆に抱きつかれて表情一つ変えない和だが、メガネがずれるところに爆笑。
*OPのカットは2つ以上の曜日で撮影され、編集されたものか。少なくとも唯が何らかの理由でギー太を手にしていない本番当日には何があったのか。これも本編で明らかにされることを期待しましょう。


とにかく楽しい新オープニング。
いっぽう、何を意図しているのか(いまのところ)わからない描写もあって、これは今後本編で明かされるかもし
れない楽しみでもあります。

ただ、ピート・タウンゼント奏法をエアギターしてる唯の背景に目を遣ると、 少し寂しくもなります。

さらに、「Utauyo!! MIRACLE」のサビの歌詞。。。すでに号泣なんですけど。。。



14-005.jpg
そしてCM明けのAパート冒頭、、、えええええええええー!!!!!
デート回、新OP/ED、に続き、今回3度目の驚き(=悦び)です。「これまでのあらすじ」込みでコミック単行本表4
の沢庵ネタ入れてきましたか。ありがとうございます。
堀口ムギが、かきふらいムギに変化していくさまを動画で
見られて幸せです。
唯が空気入れをどこに繋いでいたのか、とかいう突っ込みは置いといてw

14-006.jpg
さあ、律紬デートです。
今回は「琴吹 紬の冒険」拡大版スペシャルと言ってもいいでしょう。
「さぁ、どこ行く?」「りっちゃんに任せる!」冒頭の会話からもうデレデレですよ。
二人はいったん修学院駅
で戻りどこへ行こうか相談中。二人が立っているホームは実際の修学院駅下りホームを下敷きにしています。でもこの世界では電車は右側通行らしいので、ふたりは出町柳方面に向かおうとしているのでしょうか。
紬の「前にみんなと行ったとき、すごーく楽しかったの!」は1期2話、まだ1年生のときでしたね。
ちなみにこのシーンのBGMもOSTの「Emerald green」。当時と同じという懲りようです。

14-008.jpg
そしてゲーセン。
どなたかが特定してくれたのかわかりませんが、私が以前の巡礼エントリで指摘した一乗寺のゲーセン
「WiLL」とは意匠がかなり異なるので、モデルはそこではないのかも。
それと、原作で律に厳しい評価を下した「ドラムマニア」風の遊戯ですが、出てこなかったですね。
ネタとしては
面白いはずなのに、紬の怪力を代わりに持ってくる内容でした。
ちなみに「ドラムマニア」はコナミのアーケード
ゲーム。今度出る「けいおん!」ゲームのメーカーはセガ
んでもってセガからはドラムマシンのアーケードもの
は出てない様子、という大人の事情なのでしょうか?
少し残念でした。

14-009.jpg
続いてふたりは駄菓子屋へ。スキンシップしてますね。
ここも以前紹介した一乗寺の駄菓子屋さん「いけお」とは見た目は異なります。
このデート回を楽しみにしていたのはGWに勝手に先行巡礼したこの二つの物件が作中で表現されるかどうかという期待もあったのです。

14-011.jpg
そしてふたりはいつものマックスバーガーヘ。ムギの冒険、前半のクライマックスです。
原作で唐突気味だった流れを上
手く補完した律のエピソードが用意され、夢を叶えたいというムギの台詞につながります。ムギカワエエ。。。
お願いされた律は唖然
とするしかありません。
冒頭の律の台詞であれだけ派手にかましておきながら、ここでの律の心情を表す台詞は残念、カットです。

14-012.jpg
Bパート。
今回のお題は「夏期講習」ですから、後半はムギの願望と夏期講習を上手く絡めて進行していきます。
京都から大阪の高麗橋まで夏期講習ご苦労様です。
証券会社の看板と高速の高架に見覚えあるなあと思っていたら
、北浜あたりだと思いましました。

それにしてもこの唯の表情にドキッとした人多いんじゃないですか。何か決意と言うか、諦観と言うか、そんなものの表れなのでしょうか。

14-013.jpg
カットバックで昨日の出来事を入れ、紬の奇異とも思える行動の理由に気づく律。
原作とは趣を変え、ここから紬
のボケ特訓が始まります。ボケの基本はわかりやすく! 
そして例に出したボケに大爆笑ですよ!
こうして夏期講習のネタは殆ど描かれず、律ムギ・コンビのボケ修行がこれでもか、というくらい展開します。
でも頼まれたとはいえ、自分で手を下したくはないのでしょうか。
律は自分が日頃そうされている澪に対して仕掛
けます。ことごとく成功する律。
ことごとく外しまくるムギのボケに対して、影で突っ込みを入れまくる律はすで
にムギに対しての約束を果たせる状況なのですけどね。

14-010.jpg
このふたりのエピソードと平行して唯と和の痴話喧嘩風なエピソードが展開されます。
結構マジで唯が怒ってるっ
ていう珍しい展開です。

14-014.jpg
そして登校日、学校で夏期講習ではなかったと。
ここで唯と和のイチゴネタも回収されることになります。むかし律にイチゴを掠め取られた澪が逆上したエピソードを思い出したムギは、今度こそ!  と澪に対して暴挙に出ます。しかし澪は逆上するどころか。。。

14-015.jpg
あまりの突然で天然な紬の願いの真意を理解した澪は軽く応じようとします。
普段ノリで律にしていることだし。
でも幼少期から共にここまで来た律にはできても、紬に対しては出来ないんですね。
梓が言うとおり、結構緊張するシーンです。
ここでは実行できないとわかっていても。
紬の息遣いが結構リアルに聴こえてさらに緊張しますw  。。。そして、オチ爆笑です。

14-016.jpg
律カワエエ。。。
ついにこの日ムギの願いを実現できなかった律。ここでお話は原作の流れに戻ります。
どうレスポンスすればいいのかわからない褒め言葉をムギから告げられ、律はついに。。。

14-017.jpg
原作の単行本のページまたぎの挿絵として描かれたカット(このカットこそが原作傑作回として昇華させたと言っても過言ではないと思う)をどう料理するかと思っていましたが、ここは意見が分かれるかもしれませんね。
ちゃんと描いて欲しかった派です。私は。

前回13話といい、今回といい、原作とオリジナルの絡め方が上手いですよねえ。
タイトルはここまで来ると一種のカムフラージュですよね。
次回もタイトルどおりなのかどうかはたして?

以前のエントリで書いたが、
GWに地元の男の子に大見得切った手前、若干あちゃー、な気持ちですけど、舞台としての辻褄は合っているので、、、苦しいか。。。今回のデート回は「一乗寺舞台説」が有力って気がするのですが。。。

でももしこの夏、聖地巡礼を計画している人がいたら、
修学院からエイデンでひと駅の一乗寺下車、「WiLL」と「いけお」を訪ねて、白川通まであるいて、そこにあるマ
ックでひと休み、とかされてはいかがですか。
この夏、もう一度訪ねてみようと思う。

14-018.jpg
ギャー!!!!!(原作でよく使われるギャー落ち風にw)新EDキター!!!!!

エンディングテーマ「NO, Thank You!」

EDアニメーション
絵コンテ   山田尚子
演  出     山田尚子
作画監督   堀口悠紀子

全体ソリッドでかっこいい。2期1クール目はOP曲の売り上げが勝ったが、2クール目はEDですね。
曲もさることながら映像がかっこ良過ぎる。←これは大きな要素。

*最初に思い浮かんだのはaikoの「おやすみなさい」のPV。全然違いますけどね。
*原作へのリスペクトでしょうか。制服のスカートがチェック柄になっています。
*タイもリボンから一般的な高校生がしているそれに変更。近い将来のHTTのPVの中で全員同じデザインの制服を着ている、という風に見えますが。。。

*何時ぞやの曽我部恵・タイの色騒動(実は私の中では継続審議中)よろしく、ここでは梓のタイも、というか、3年生を含め全員が「赤」のタイに統一しているところに注目。
ただのPV仕様なのか、ある種の未練の象徴なのか、それ以外の何かがあるのか興味深いです。
すごい妄言を敢えて言うと、「やっぱり赤でした」という監督のメッセージと取れなくもない。。。

*ブレザーにはエンブレム。なんて書いてあるんだろ。ソックスは全員黒で統一。

これは諸事情でボツになったアニメ版・桜高制服プロトタイプなのではと勝手に妄想。

*冒頭曲名とバンド名がクレジットされるなど、さらにPVを意識したものになっています。
     ひょっとしてテレビ映りを意識しているのか?
*演奏用衣装は唯がOLみたいで微笑。
*律の前髪下ろし色っぽい!!
*HTTメンバーが前のめりで歩くとこ、なんとなく図書館の長門思い出したー!!


そして次回はいよいよ新学期。
#15「マラソン大会!」って!!
あっ、唯が42.195キロとか言ってるのは、ただの勘違い。マラソンの知識はあるのに、現実のマラソン大会の内容を把握してなかった、ってオチでしょう。
出番の少ない原作校長が思いつきで「今年からマラソン大会を実施します!」とか始業式で口走ってしまったものだから、神妙だった会場は一挙に騒然。。。
夜のピクニック」じゃないんだから。

「お汁粉大会」っていうのは、妄想するに、お汁粉はやはり冬の食べ物なので、律辺りがマラソン大会の中止を祈って、それこそ叶わない希望、「雪でも降れば中止になるのになあ・・・」
とかつぶやいたのに応えての天然ボケ台詞なのではないでしょうか。

でもアニメオリジナルのマラソン大会が描かれるのなら、そこで生まれるドラマも楽しみではあります。

完全オリジナル回と思いきや、再び原作とクロスさせた内容になるかも。

【追記】
7/1京アニはんのウェブサイトがリニューアルされました。とても見やすくなりましたね。
長門有希フィギュアのリリース告知には驚きましたが、この一連の動き、まさか上場狙ってますか?


©かきふらい芳文社桜高軽音部


スポンサードリンク