menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ『けいおん!!』雑感(11)#16 先輩!を見た印象。作監に1話以来の堀口悠紀子・総作画監督を迎えた神回!


スポンサードリンク

11b1c07b.jpg
SONY A900
minolta AF24-105 F3.5-4.5 1/160 F5

カムバック、神回!

7月20日、関東では「けいおん!!」#16『先輩!』がオンエアされました。
私的にはもちろん神回ってことで。ああよかった。

以前から申している通り、スプーン一杯のエロ要素をちりばめつつ今回も展開。
さて、#16『先輩!』で印象に残ったのは、 ※以下ネタバレ含みます。

作画監督に1話以来の堀口悠紀子総作画監督を迎えた今回。
やはり作画に磨きがかかってます。キャラの表情も特に梓を中心に豊かです。
原作では学園祭も終わった受験前頃を描いた回、2010年2月号で掲載された「紬・梓回」を下敷きにしています。そこにオリジナル展開を絡める上手さ。作画陣の奮闘も手伝い、ベリーナイスな仕上がり。
これぞ京アニクオリティ。

16-001.jpg
まずはアバン。律の表情、当社比150%増しってくらいカワイイんですけど。

16-002.jpg
「見て見て、かわいいでしょ」「へええ」という唯と紬のやり取り。自慢のシールを披露しています。
今回の伏線は「シール」。原作には無いこの伏線で、また唯のウザさ加減を強調しておいて、終盤ああやって落とす。上手いなあ。
このあたりの豊崎さんの「へえ?」とか「痛い・・・」とかかなり微笑もの。小技が効いてます。
桜高の先輩ばなし、どんな展開になるのでしょう。

16-004.jpg
「あんたたち、部室でなにやってんの?」的な展開です。もちろん純なりに梓を心配してのこと。
純は立場上、客観的に軽音部を俯瞰できる子なので、結構辛らつなことをしれっと梓に囁いたりします。
憂のフォローもむなしく、いったん梓陥落です。純の「もしもーし」って追打ちに微笑。

16-005.jpg
よく見てください。ドアノブ回ってますよ。
ここの竹達さんの先輩物まね(風)の小ネタも微笑。
そしてここから原作準拠の流れになります。すでにブレザー着用なので、10月ころに話は進んでいるのでしょうか。
まだ若干、陽だまりでまどろむには時期的に早いけど、、、

16-006.jpg
ヒャッホー!!
紬の寝姿あああ。。。
梓が紬と二人っきりの部室でドキドキしたり、紬のションボリ顔とか、梓からギターを教えてもらうあたりは原作どおり。
でも以前のエントリで同様のことを書いたが、ムギのあっちのほうの描写はカット。やはりここのところはキャラ設定から外してるんですね。
この辺の統一設定は#14『夏期講習!』でカットされた律のモノローグも同様。
それと、梓のモノローグとかぶって聴こえ辛いですが「律ちゃんのときみたいに上手くいくかしら・・・」ってムギ言ってます。微笑です。

16-008.jpg

16-009.jpg

16-010.jpg
それにしても、この一連、いいカットですなあ。
というわけで、今回の「琴吹 紬の冒険」はギターにチャレンジ! でした。

16-011.jpg
少し残念だったのは、唯、律、澪が扉の影からふたりのやり取りを覗いている描写。メンツは違うけど「エリザベス・・・」のときと構図は同じで原作でも描き方はほぼ同じ。さらに原作では唯がとんでもないことになっているのだが、すべてアニメオリジナルになっちゃったところ。

16-012.jpg
今回の律、ホンマカワエエ。。。作画担当の方が上手いんでしょうね。

16-013.jpg
憂は当然だろうし、近頃本格的に軽音部と絡むことが多くなってきた純も、紬のミステリアスさは気になっていたらしい。
冒頭、軽音部のグダグダ感を茶化して見せた純も含め、3人でギャップ萌えしてしまってるあたりに微笑です。
ここは純の指に注目かな。

16-014.jpg
「何が・・・違うって、何が。。。」澪の台詞、いろいろ考えさせられる響きで迫ってきました。私には。
単に梓を責めているようにも聴こえるし、澪が、自分が選択してきたことを否定されたふうにとったようにも聴こえる。

16-015.jpg
腿の間に手をぎゅっと入れてる梓カワエエ。。。

16-018.jpg
結局ここでも梓はカムバックを果たせず。。。律ちゃんスカート大作戦が発動。。。
ここですべてのけいおん!ヲタは思った。まさかこれは「ヤツ」が出るのか?  ・・・と。

16-019.jpg
Bパート冒頭、、、聡キター!
澪は律との付き合い長いから知ってて当然。
唯、紬、梓の3人は初対面の律の弟に「何か変わった生き物を見ている」風な表情なのが笑えます。
ここは見方によりますが、私は聡が梓に一目ぼれしたと見ました。そう見えました。
当然ファンサービスなので、彼が今後登場する可能性は殆どないだろう(登場する可能性で思っていることはあるがここでは言わない)。でも野郎がこういう場面で出てくるだけでやっぱり妄想は膨らむものですね。

16-020.jpg
梓の脚に目が行きがちですが。。。
律の部屋にある雑誌はエアドラムの練習台となりボロボロ。。。ディノスらしき通販カタログと、料理本というのが笑えます。
しかし出来上がったピンクのミニスカを律は穿くのだろうか。。。微笑です。

16-021.jpg
梓と聡のツーショット。なにやら意味深ですね。聡のTシャツに描かれているように彼の年齢設定は14歳(中2もしくは中3)と見るのが妥当かと。
梓とは2ないし3学年年下。コレは何かあるんじゃないかという妄想を抱かせるに十分な「エサ」としての機能を果たしています。
ヲタの妄想大作戦始動しました!・・ってすでに盛り上がってるんだろうなあ。

ところで、

梓がトイレに行くって描写が多い、といいますか、梓以外のメンバーがトイレに行くって描写はこのシリーズではなかった(純を除く)気がするのですが、ではこの描写に何か意味はあるのか。。。
完全には思い出せないのですが、1回目は1期#10『また合宿!』でのムギの親の別荘。皆がてんで勝手な寝言を言う中、寝ぼけ顔で「ジャー」と流した梓が目にするものはダラケの象徴みたいな唯が、ひとり密かに練習しているところ。

続いて、2回目は2期#1『高3!』でこれも唯が新入部員が音楽準備室に入りやすいようにという配慮のもと設置したケロの置物を目にするところ。

そして今回、3年2組の課題に取り組むメンバーから距離を置くようにトイレに立つ梓が目にしたものは、、、
田井中聡だったのです。

ただの場面転換のきっかけだし、意味はないかもしれませんが、梓がトイレに立つと、意外なものと鉢合わせる、という共通点がなくもないのかと。

あ、わかった。こうやって妄想が膨らむのが良回なんだわ。

16-022.jpg
ハンバーグ!  実家のおふくろが作ってくれたハンバーグもこんな色のソースがかかってました。
デミグラスソースと言うよりケチャップとウスターソースを混ぜたような赤みがかったそれですね。
なんかジンと来ましたわ。

16-023.jpg
なんか唐突じゃね。何で律、料理なんて作ってるの?なんて感想は出てきそうですけど、見る者を幸せな気分にさせてくれる方向への脱線は大いに結構。
皆で食卓を囲む「フード理論」的描写を久々に拝めてよかった。。。サマフェス回(合宿回)ではなかったからね。
そして「BVD!」。。。ザ・生活感!!
頬を染める梓と澪、「ピンクだね」と突っ込む唯、それを受けて微笑む紬。。。爆笑です!
そして唯の台詞。。。「ごはんはおかず」の前振り来たのか!?

聡が同じ食卓にいないのは?って突っ込みもあるかもしれないけど、話が散らばるだけ。
友達(恋人でもいい)の家にお邪魔して、そういう時って両親は旅行中か仕事でいなくて、でも相手の兄弟はいる。飯は全員分作るんだけど、兄弟は遠慮してなのかな、自分の部屋で食べる。食べ終わったら「ご馳走様。美味しかったです」と挨拶だけしてまた部屋へ。って普通に私は経験してきたから。
ここはいなくてもOKなのです 。

16-025.jpg
あの律先輩が、、、そして再び2年生コンビでギャップ萌え風な展開。。。
純の口元に微笑です。かわいいじゃないか純。そして共通している指ポーズの意味するところは?
いろいろキツイこと言ってるけど、半分ジョークだよーん、ってとこなのでしょうか。

16-026.jpg
そして唯と梓のエピソードへ。ここの見所はもちろんスポンジダンだったりするんですが、
ここからの怒涛の梓十面相スタートです。失われた自分らしさを取り戻すべく、必死にアピールする梓、でもダレていてもそれも含めて、「だってあずにゃんあずにゃんだもん」=「わし等の姫はこの手が好きじゃと言ってくださる。。。」(泣)
ここで、原作の「ムギちゃんはムギちゃんだもん」を上手くアレンジして持ってきています。
「私の感動を返してください」という原作の梓の台詞も形を変えた表現が見事です。

16-027.jpg
こうして梓と先輩たちの一連のエピソードを2年生たちが共有する作業(ここでは敢えてそう言ってみる)が終わり、、、はい、梓、完落ちです。。。

軽音部だけでなく、今回は他の部活での先輩と後輩の描写を入れて、青いタイの3年生は進路に向けて歩き出し、それは別れのときの始まりでもある。名残惜しそうに最後の教えを請おうとする赤や緑のタイの下級生。
慈愛の眼差しで応える先輩たち。。。
これって桜高校歌そのもかなって思って、「ぴゅあぴゅあ」の歌詞カード改めて見返したら。。。ボロ泣き。。。
でも、軽音部だけ、ワンテンポ遅れているのは、これは仕方ないわよねえ。。。

エンディング近くの唯の台詞「たくさん食べて、大きくおなり」になぜかボロ泣き。

16-028.jpg
猫耳の件は純の台詞が律っぽくて、永田さんの上手さを感じてしまった。

オーラスのカットは完全に「ぶ」 の梓は「ん」の唯にハマってしまいました的なカットなのか。それとも「おいおい」って突っ込みのポーズなのか、それとも超常現象なのか。。。w

なんか泣いてばかりの回でした。可笑しいかな、オレ。

 次回は#17「部室がない!」完全に名詞縛りから抜けてきましたね。
年代的には裕二・織田の往年のドラマを思い出しました。。。

てか、唯の台詞「文化祭近いしね」って?  ホンチャンで修正入るのでしょうか?「桜高祭」は正式だろうけど、学園祭でも文化祭でもどちらでもいいのかな。

何らかの事情で音楽準備室が使えないことをさわちゃんから告げられる。教室で練習?  教室って言ってもなあ、、、まさかこの展開で新OPの描写へ繋がるのか。それともまさかのムギ自宅スタジオで練習。。。ムギ自宅回キター!!!ってなるのか?←ナラナイ・ナラナイ

原作の憂・風邪看病回の回収は置いといて、ロ澪とジュ律エット(学祭準備回)が来るのかもしれません。憂&さわちゃんのダブル看病回ってことで少しあとでも回収できるかな。


 ©かきふらい芳文社桜高軽音部
 


スポンサードリンク