menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ『けいおん!!』雑感(18)#22 受験!を見た印象。鈴木 純が愛おしい。


スポンサードリンク

_DSC1126.jpg
SONY A900
minolta AF17-35 F3.5G 1/200 F8 +1.0EV

8月31日、関東では「けいおん!!」#22『受験!』がオンエアされました。
以前から申している通り、スプーン一杯のエロ要素をちりばめつつ今回も展開。
※以下ネタバレ含みます。

の前に、けいおん!!を起用した京都府国勢調査広報展開が発表されたそうで
巡礼の目安にしてください。
良い子はポスターがめたりしちゃ駄目ですよ。
ああ、むしろがめるのはオヤジなんだよなあ。

【追  記】
連れにポスター画像を見せてもらった。デジカメ画像で、解像度も高くないのだが、右下の「けいおん!!」ロゴの下に作画担当者のお名前がありました。
作画・堀口悠紀子はん
色彩・竹田明代はんともうお一方判読できず。
背景・この画像では判読できず

京都府気合入ってますなあ。そういう私も巡礼心がムクムクと。掲出中に行ってみようかな。


というわけで22話。
22-001.jpg
純回でしたね。CM明けアイキャッチの「けいおん!」も純ですよね。
永田さんは今回で有終の美を飾るのかもしれないと思える位、圧倒的な純の存在感でした。

22-002.jpg
憂。。。

22-003.jpg
梓。。。

22-004.jpg
受験回の名を借りながら、2年生の関係を見事に描いた回でした。
もはや純ですらいとおしい。ウザ可愛さがいとおしい。

22-006.jpg
見てみたかったんですよね。「けいおん!」での雪のシーン。雪の修学院駅。憧れますなあ。

22-007.jpg
唯「なんかこぼれたあ!」
紬「何が! 何がこぼれたの!?」
爆笑です。

22-009.jpg
OST「あの日の夢」

22-011.jpg
OST「銀世界の朝」

サントラの名曲2曲がブリッジされた、神展開。じんわり泣かせます。
梓は甘えられるクラスメイトと先輩に恵まれたうらやましい娘です。
【追記】
これって、実は「アコガレ!」なんですよ。
TBSラジオが聴けるヒトでないとわからないけど。
「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」でこの夏盛り上がってるコーナーなんですが。
仲の良い友人もしくは恋人(一人でも可)と、「部屋の中から」雨ないし雪模様の外の様子を眺めて浸るっていうシチュエーションですね。
実際、雨や雪の中を歩くのは難儀なものです。でも人的被害の及ばない部屋の中からその様子を眺めるっていうのはとても気持ちのいいものなんです。いつまでも見ていたい。。。親しい人が傍に居るならなおさら。つまりそういう場面に憧れるという意味です「アコガレ!」とは。
普段妄想する中でこんなこと、感じませんか?
実際、北海道とか、雪の多い地域以外ではそんな場面に遭遇することは滅多にありません。
だから楽しいんです。劇中の梓たちがそうであるように。実際奇跡に近い確率ですよ。内地では。
「琴吹 紬の冒険」ネタがもうひとつ増えました。
ありがとうございます。京都アニメーションさま。


22-005.jpg
コラ!ムギ!梓を仕向けるがための確信犯的カットですな。

22-010.jpg
わざとらしいムギの台詞。見てる方もニヤニヤですよ。
そして、「あったか、あったか」1期7話オマージュ。もうこの5人、家族ですね。

あまりに原作端折りすぎてあたふたしましたけど、これはこれでイイデスネ。
梓のギター練習や唯、澪、律のセッションなど、画は見せないけど、音で聴かせるという演出。
これだけでも満足ですよ。

・・・酒入っちゃったので、眠くなった。また追記します。。。

曽我部恵の再登場はありませんでした。
平沢家両親の登場がありませんでした。
和ちゃーん!!ネタもありませんでした。
2年生クリスマス・セッションもありませんでした。
ムギの梓抱擁がありませんでした。

本編残り2話。プラスOVA含め番外編3話で、何を見せてくれるのかがかえって楽しみなわけです。
回収される原作ネタはもちろんあるでしょうけど、むしろ何か狙っている気がしてなりません。
たとえばそれは武道館とか、武道館とか、武道館です。こいつが回収されるか否か。

02-002.jpg
1期2話がTBSでオンエアされたのが2009年4月9日。
その2話劇中で、律が「夢は武道館ライブ、卒業までに!」と口走り、字幕で「武道館ライブまであと1065日?!」と表示される。
その後彼女たちは1期、2期を通じて2年間で3年分の歳をとり、3月に卒業していくのですが、
では一応の基準として2009年4月9日から、1,065日後はいつか計算してみましょう。2012年3月9日になります。
1期2話で描かれる唯たちの日常は4月下旬ごろと推測されます。
そして繰り返しますが、唯たちは2年で3年分歳をとっているので、律が目指した1,065日後の自分たちは2011年の3月中旬から下旬を指すことになりますね

ここで混同しないほうがいいのは、中の人のライブが日本武道館で行われる可能性です。恐らくこれはないです。根拠はないですが。
なくもないんですが、ひとつは「スフィア」が11月にやってしまうため。
ふたつめはキャパが小さいので2デイズ以上の公演になるがこれは回避したい。
=公演はあっても1回きりだと思う。しかも小屋は横浜アリーナだろうと。
もっと大きな小屋という可能性もありますが、警備などのオペレーションを考慮すると、実績のある小屋を選択するのでは。

まとめると、2011年3月16日にリリースされるBD/DVD9巻の劇中で唯たちの武道館ライブが実現するということです。前記のカレンダーの計算ともマッチします。
番外編の25、26話でチラッと前フリを見せられて、
ライブ自体はOVAの27話を見ないと見られない、というおあずけ展開です。

また妄想に終わるかもしれませんが。

22-013.jpg
次回23話は「放課後!」
24話でこの桜は見頃を迎え、卒業シークエンス=2期1話の流れを再現することになるのでしょう。
校歌は3番までお願いします!

22-012.jpg
キャラソン・スポットが露出されました。「蒼空のモノローグ」がキュンときそうな感じです。
しかし9月はお布施ラッシュなんだな。


©かきふらい芳文社桜高軽音部


スポンサードリンク