menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ『けいおん!!』雑感(48)コミック『けいおん!』連載再開続報に思う。


スポンサードリンク

既報の通り、4月発売の「まんがタイムきらら」および、「まんがタイムきららキャラット」から、ダブル連載がアナウンスされました。
昨年秋のアニメに合わせる形での「けいおん!」連載終了後、どのような経緯で再開が決定されたのかは推測のしようもありませんが、ある程度のストックがあるのでしょうか。
なんにせよ、体だけは大事にしてください。かきふらいはん。
。。。とはいえ、途中何度かの休載の可能性もありますけど。

あと、連載同時に公式サイト「海の幸定食」の再開も期待しています。
これは先生のモチベーションを判断する材料でもあるわけです。
仮に再開されないようであれば。。。。。。やめておきましょう。

以前指摘したいくつかの可能性のひとつではあるけど、それならそれで気になる点もあるので、現時点でのそれを挙げておきたい。

◆3年生に進級した梓、憂、純による桜高軽音部にはドラマーがいない。
いままでの原作&アニメの話の流れで設定すると、梓(g)、純(b)、憂(kb)、尤も憂は姉をも凌ぐバイプレーヤー設定ではあるので、梓と憂がギター、純がベースとして、最低でもドラム、演奏に膨らみを持たせるならさらにキーボードをメンバーとして追加設定する必要がある。この一人ないし二人をどこから引っ張ってくるのか。
1)新歓で1年生(新キャラ)加入。
2)HTTメンバーと交流。
3)新歓むなしく3人のまま活動。

てな想像ができます。何にせよ、桜高編ではさわちゃん先生の出番もあるだろうから、これはこれで楽しみ。

◆N女子大に進学した唯たちは、軽音部に入部するのか?
これは大きな要素です。まさか桜高と同じように唯達の入学と同時に4年生?(短大ではないと思うが)卒業で先輩がいない、なんてことはないと思うが、そうだとすれば唯達の先輩が描かれることとなる。ここでも新キャラ登場の可能性があるわけで。
1)先輩たち(新キャラ)との交流。
2)HTTメンバーと交流。
3)まさかの唯達だけのN女子大軽音部。
4)軽音部には所属せず、新サークル立ち上げ、ないし、HTTでのみ活動継続。

てな想像もできます。

◆連載期間は?
もはや劇場版「けいおん!」が唯達の桜高在学時のエピソードというアナウンスがされている以上、この2つがクロスオーバーする可能性はないといっていいでしょう。以前のエントリでのこの点の予想はハズレ。
ではいつまで?
やはり、あるイベントまでの1年間、と見るのが妥当なのかしら。
2012年春までの1年限定連載。
梓たちが卒業して、少なくとも梓と憂がN女子大の門をたたくところまで、てな妄想をしています。
ダブル連載で1年続ければ、その後の展開(3期ね)もあるかも知れませんし。

さらに妄想するなら、4月から2クールで9月まで「日常」
12月に劇場版「けいおん!」公開。
2012年1月から3月まで、「けいおん!!!」(3期ね)連載と同時進行。3月で連載も終了、というロードマップも妄想できなくもありません。2クールとなるかは、現時点ではねえ。。。
京アニはん側の事情もありますし。つまり、大学生エピソードの「混入」した「けいおん!」はやらないという。

◆男は?

私的には気になりません。どの道そこまでの描写は期待もできないし、制作側もしないだろうから。
あって然るべきだし、あっても制御のかかったそこはかとないレベルでしょうから、問題なし。
和などはストーリーの必然として、そのためのポジションにいるといっても過言ではないでしょう。
唯の心情と絡めればかなり面白くなるはずです。

◆舞台は?

こいつばかりはアニメオリジナルの要素が大きいので、原作だけでの判断は難しいかと。
ただ、白川通がメインストリートだったのが、北山通がそうなるのはちょっと見てみたい。
※実際ノートルダムだとして、唯が下宿する、というのはアニメ設定的には少々無理がある点(自宅ら近すぎる)と、エイデンでなく市営地下鉄になってしまう点。
。。。あっ、これは全部アニメ化されたら、という前提ね。

などなど、ありますが、何にせよ楽しみです。






スポンサードリンク