スポンサードリンク

そろそろ今期ナンバーワン


スポンサードリンク

地震でそれどころではない状況となっている、2011年冬アニメ。
2011年春アニメ以降にも悪影響を及ぼしそうな状況ではある。

私の守備範囲だけでの俯瞰で見るなら「まどか」が突出している感もあるが、個人的なアベレージで感想を述べるなら、「放浪息子」が今期ナンバーワンではないかと。

作画、色彩、背景とどれもが新鮮。主人公たちの成長を苦しいほど丁寧にエロ抜きで描き、演出、脚本も素晴らしい。
サブキャラを含めたほぼ全員が輝いている。

奇を衒った「まどか」が時勢に流されるのに反し、通常営業できたせいもあるだろうが、そうした外的要因に左右されないテーマで、ここまで描ききったタイトルを見ることができたのは幸せだ。

それでは他のタイトルは、というと。

IS・・・萌え要素を保持しつつ、ラスト1話。最後まで観るでしょう。心のビタミンではあるが。

フラクタル・・・試聴を止めました。何話のころ止めたのか思い出せません。画も萌えなければ話もつまらんではお話になりません。

メリー・・・作画に萌えないでもなかったけど、引っ張るチカラが感じられず、これも途中から観ていません。

以上、目をつけていた4タイトルでしたが、最後まで残ったのは放浪とIS。
この二つで言うなら断然、放浪だったということです。
私の中ではね。



スポンサードリンク