menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

ココロコネクト


スポンサードリンク

ココロコネクト」の既刊4冊を読み終えた。
涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズがなぜあんなに売れているのかがわかった。

もともと、白身魚はんの挿絵目当てで購入した経緯もあったのだが、同じラノベでもこうも違いがあるものなんですね。

巻を追うごとに中弛み感があって、少し「切る」衝動にも駆られましたが。

「伊織」がああなるのは納得がいく展開。
私的、一番輝いているキャラ「稲葉」が「太一」とカップるのは諸手を挙げて賛成。
※もっとも、今後は分かりませんけど。
白身魚はんの挿絵も相まって、本シリーズのベストキャラは「稲葉姫子」なんですけど。

全般、他の「ラノベ」を読んでるわけではないので分からんが、これに関しては、結構エロい描写もあるんですね。
読プレのDVDがあって、予告編の作画でもってスタジオ予想がなされているようですが、さすがに京アニはんではないでしょうね。
このエロさは京アニはんの不得意な分野だと思うし。
過去のOA版、または版権画ひとつ取って見ても、京アニはんにはエロい作画ができるアニメーターがいないと思う。

「稲葉ん」のブラ描写や「あんなこと」が描けるかってことです。それ以外にも色々あるけど。

白身魚はん繋がりで、少しだけ京アニはんには読破前期待していたのですが。

それやこれやも含めて、アニメ化するにはどうなんでしょうね。
あからさまにアニメ化を意識した脚本ライクな筆致ではありますが。

「ふうせんかずら」の正体をぼかすのも引っ張りすぎの感は否めず。どうしても「見せ方としての」長門有希との対比をしてしまうし。

因みに「けいおん!」のキャラ比較でいうならざっと以下の通り。特段意味はない。

「永瀬伊織」=平沢 唯
「稲葉姫子」=秋山 澪
「桐野 唯」=琴吹 紬
「八重樫太一」=中野 梓
「青木義文」=田井中 律
「藤島麻衣子」=真鍋 和

てな感じのだが、若干ベクトルが違いますね。




スポンサードリンク