menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

列車で行く冬の飛騨路・米澤穂信原作・アニメ『氷菓』の聖地先行巡礼(その5・白川郷ツアーと旅館田邊)2012年2月4日


スポンサードリンク

写真は特段の断りが無い場合、すべてSONY A900と16-35 F2.8 ZAの組み合わせです。
2012年2月4日、高山市街は晴れ。
本日の宿に荷物を預け、高山濃飛バスセンターへ。
8:30出発のツアーに参加するためだ。 世界文化遺産五箇山相倉と白川郷めぐり」
せっかく高山まで来たのだから。「氷菓」先行聖地巡礼の旅はひと休み。

_DSC5654.jpg
ツアー参加者は14人。ガイドはんも付きます。
道中天候は激変して、結構な雪模様へ。ブーツにスパッツを装着する。

_DSC5659.jpg
相倉合掌造り集落はこの有様。

_DSC5673.jpg
荻町合掌造り集落へ向かう車窓からほんの一瞬見える菅沼合掌造り集落。
道中結構長いので、ガイドはんが五箇山にまつわる民謡「こきりこ節」を歌ってくれたりします。
日本最古の民謡だそうで、私などは高野川河川敷で唯と梓が練習した様を思い出してひとりニヤニヤしていました。

_DSC5675.jpg
「城山天守閣」という土産物屋兼食事処のような場所で昼食。6,500円のこのツアーは昼付きだが、余り期待はしないように。そして展望台からは荻町の集落が一望できる。

_DSC5697.jpg
A900
minolta AF100 F2.8 macro

_DSC5699.jpg
バスはせせらぎ公園のパーキングへ移動。この「であい橋」というつり橋を渡って、集落へ。

_DSC5702.jpg
いやはや。

_DSC5704.jpg
凄い雪だが、これでも例年より少ないんだそうで。

_DSC5705.jpg
観光用の歩道は除雪してあるが、撮影で一歩奥に進むととたんに膝辺りまで浸かる。スパッツは正解。

_DSC5711.jpg
長瀬家は荻町最大規模の合掌家屋だそうで、

_DSC5713.jpg
入館料は300円。

_DSC5730.jpg
内部は5層からなっていて、往時の農機具などが展示されている。

_DSC5735.jpg
囲炉裏にあたるのは初めてかも。
とにかくツアー中はずっと雪で、行動は自ずと制限されてしまった。もちろんこの時期でないと撮影できない光景なので満足だが、春は春で綺麗なんだろうなあ。
15:10、高山へ戻ってくる。

_DSC5553.jpg
今晩の宿は「旅館田邊」。朝食つきで11,550円。

_DSC5741.jpg
こじんまりとした風情。

_DSC5739.jpg
中居はんにお茶出してもらったり、布団敷いてもらったり、朝食用意してもらうってとても久しぶりだ。
バブルの頃だったなあれは。
今回2件の宿に泊まったが、一番の違いは朝食の質。勢いのあるホテルグループのそれに軍配を上げざるを得ない。出来合いの冷たい玉子焼きと焼き鯖の老舗に対して、保温機付きのブッフェで出される焼き鯖の方が一日の始まりとして気分が盛り上がるのは当然。
老舗はウェブサイトの出来はいいのでなおさら残念。こういうところの質は見られてると思うけどね。

さあ、2月5日は今回の旅の最終日。
水無神社での少し笑える発見をご紹介します。



スポンサードリンク