menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

高山への旅情報・雑感含む。


スポンサードリンク

アニメ「氷菓」を見て、高山市を訪ねてみたい方、多いのではないでしょうか。
2012年に二度訪れた管理人 menehune の私的旅情報。

思いついたら小出しに書いておきます。

1)高山入りの交通手段(東京方面からね)

高速バスか、JRか。
イカー&レンタカーでの経験はないので、車は除外。
名古屋からバスかJRか。
金額的に2倍から3倍の差がつくので迷うまでもないでしょう。財布と時間との相談です。
わたしは名古屋からJR(ワイドビューひだ)と乗合バスを利用したが、金額的余裕があるならJRをお勧め。
車窓から見える景色が段違いにいい。
JRは木曽川の岩だらけの奇景やダム、また、のどかな農村地帯を楽しめるのに対し、バスは山間の高速を走るだけといった印象。ただし、季節にもよると思うが、清見ICを降りて高山西ICから高山駅に至る白川街道の農村地域の景観はいいものです。この点に関してはバスも一興。
ただ、バスは先日事故もあったことだし、運営会社選びは慎重にやったほうがいいかも。
路線バスは問題ないかとは思いますが、ツアーバスは慎重に。
今回も振り返れば、どれだけ私の乗車した路線バスを追い越し車線から抜かしていくバスが多かったことか。
要はそういうことです。
路線バスはマイペース。ツアーバスは時間に追われていますから、つい無理をする。
それと、どうしてもバスは渋滞とかあるので、時間が読めない可能性が生じます。

2)高山の「めし」事情

こちとら観光客なので、折角だからおいしいものを食べたいわけで。
二度の高山巡礼で経験した雑感を書いておく。実店舗名を書くとなんなので、マイナス系評価の店はヒントだけ。

飛騨牛のお店A
「おなかいっぱい」を屋号に掲げるここ。旨い飛騨牛を安く提供、という売り文句の店。
悪いことは言わない。止めておきなさい。わたしの周りで食べている家族連れやライダーたちも小声で文句言いながら食べてました。
焼肉定食1500円。肉本来の味がしないほど甘辛く焼かれた肉は食べるのが苦痛。
店先の写真と出てくるものとの差異がありすぎ。もちろん悪い方。
ガイドに載る店が押しなべて上等とは言わないけど、ガイドに載らない店にはそれなりの理由があると思う。

飛騨牛のお店B
テーブル席よりも座敷席のほうが広いお店。タレントの色紙がいっぱいの同店。
店主に問題あり。
座敷は広く開いているのに、奥でなく、靴脱ぎ側の手前に座れと客を促す。
それは「スニーカー」を履いている店主が配膳と片付けをしやすいがため。
私の手前の客が帰った後、店主は小上がりに靴を履いたまま両膝を乗せ、ダスターでテーブルを拭くという。。。
料理の質はいいのにね。残念。それにしても店の名前を冠した定食の肉の量の少ないこと。
1800円程度で期待するな、ってことですね。

飛騨牛のお店C「味蔵天国」
高山駅から3分ほどのここは値段はそれなり。JAひだ直営のため、マージン分だけ肉の量が多い。
高山の地ビールを呷りながら飲み食いすると、ひとり5000円は覚悟した方がいいかも。
でもそれだけ満足の度会も大きいです。旨いです。おすすめ。
観光シーズンなら予約は必須かも。2月の豪雪のときはすんなり入れたけど、GWは飛び込みで1時間待ち。
諦めて、ほかの店行きました。

こうして書いてみると、高山で飛騨牛を食すなら、ケチるなということに尽きますか。

高山市の鰻「つや本」
以前のエントリで書いたが、うな丼「竹」が2500円。オーダー後に活きた鰻を割いてくれる。
蒸しは無しでそのまま焼きに入る。いわゆる関西風。これが旨い。米も旨いし、歯ごたえのある鰻も旨い。

高山市蕎麦屋A
ガイドブックでは山菜せいろが有名なのかなここは。
「大盛」の設定がない店です。100円とか200円UPで大盛にできる、普通ならよくあるあれです。
1200円のそれを2人分は要らないよ。さすがに。
「大盛」できないならメニューにその旨載せておけばいいのに。
そばは上品な味。蕎麦湯も濃いのが多めに出てくるのでそこは満足。ただ、山菜は余計だったかも。

高山市蕎麦屋B「飛騨」
駅前の十割そばが有名なお店。
私もそれをいただく。蕎麦湯は少ないのが残念。でもおいしいです。
ここでは大盛りを頼まなかったので、対応の可否は不明。

高山市の居酒屋「膳」
料理は押しなべてうまいです。
ただ、カウンター越しの調理場の雰囲気が良くない。
新入りの調理人を上司が叱りつけている。私が滞在した1時間強の間ずっとね。そうしながら二人とも調理してるわけ。
要は、料理人としての注文のさばき方なんだけど、客のこっちのことはお構いなし。これではおいしさ半減。
出される料理は美味いので、カウンターでなければいいのかもね。

第一弾はこんな感じ。
今後、ホテルのインプレなども随時上げていきます。
 

 

 


スポンサードリンク