menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

アニメ「中二病でも恋がしたい!」6話雑感。


スポンサードリンク

アニメ「中二病でも恋がしたい!」6話雑感。

三好一郎はん(木上益治はん)のキャリアのなせる業なのでしょうか。それとも、イマドキの若いのは、ああいう「顔芸」をどう感じるのだろうか。
今クール観ている他のタイトルで、今話ほど顔の表情がころころ変わる作品は無いし、京アニはんの作品でも、「日常」はもともと原作コミックが「顔芸」大フィーチャーなので、京アニはんオリジナルってわけじゃない。
けいおん!」では若干垣間見ることはあったが、それも今話ほどのデフォルメ感はなかったですね。

それほど観ていたわけじゃなないけど、昔の、特にギャグアニメは「顔芸」だらけだった気がします。
懐古趣味なんていうつもりはありません。いま見たら、むしろ新鮮だという気がします。

それと体の動きとカメラ・アングルですね。
これでもか、ってくらいキャラが動き回っていたのに気付かれた方も多いでしょう。カメラポジションの変幻自在さも舌を巻きました。
 
今回は2話のようにアクション・シーン魅せるのではなく、モーションそのもので酔わせてくれました。
ふた通りの脚色の巧みさに、熟練の技を感じた回でした。三好はんの「教え」をサポートされた京アニはん若手スタッフにも拍手を送りたいです。

もちろん、脚本、背景ともシリーズ中ベストといっても差し支えないのではないでしょうか。
「夏」へのいざない。次回以降のブリッジとしての役割もバッチリ。
近作ではあの夏で待ってるを連想された方もいるのかも。私はそうでした。

十花の勇太への頼み(指令)とは?
さあ、盛り上がってまいりました!
アニメ「中二病でも恋がしたい!」



スポンサードリンク