menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

「たまこまーけっと」の舞台は京都、出町商店街で確定。


スポンサードリンク

京アニはんの新作「たまこまーけっと」の舞台は京都、出町商店街で確定! えへん!

今日、リークされた同作の版権画を見るに、これは「うさぎ山商店街」のモデルは出町商店街だろうと。そして「北白川たまこ」の実家モデルは「出町ふたば」であろうことが判明しました。

酔っ払ったので、続きは明日。こりゃあ大変だ。。。

【12月8日追記】

以前のエントリで出町商店街を予想した自分を褒めてあげたい(笑)

でも、実家兼お店のモデルは「出町ふたば」ではありませんでした。こっちの予想はハズレ。

出町商店街(出町枡形商店街ともいう)は京都を縦に走る河原町通寺町通を横に結ぶ形なのですが、版権画で「北白川たまこ」たちの背景になっているのは、商店街の寺町通側入口です。
その入り口を正面から見て右側にある庇のある建物が「たまこ」の自宅兼店舗「たまや」?です。
昔は何かのお店だったようですが、いまは営業しているのか不明です。

こうなると、あと気になるのは「たまこ」の通う高校のモデルですね。
現役の施設なら京都精華女子がある。また、同志社大辺りの近代建築は京アニはんの好みかもしれないけど、巡礼候補として機能するか、という視点なら、「けいおん!」で豊郷小学校旧校舎群をチョイスしたように、現役でない校舎を選ぶかもしれません。
京都だと公共施設としても機能している、旧・立誠小学校(現・京都市立高倉小学校分校)が近代建築としても有名です。アニメ化しても映えそうだし。

旧・明倫小学校(源・京都芸術センター)も校舎の美しさは特筆するものがあります。

いずれにせよ、京アニはんは実モデルがある施設を引っ張ってくるだろうから、楽しみですね。

【追記終わり】




スポンサードリンク