menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

東神奈川の鰻「うおはる」


スポンサードリンク


東神奈川、というか、東白楽にある「うおはる」の鰻重である。
「海」2,400円
「山」3,200円
「山」は肝吸い付きで3,350円。※150円UP
注文を受けてから国産の活き鰻をさばいて調理するため、45分ほど時間がかかるという。

文庫本など、時間つぶしのアイテムは持参していたのだが、思い切って主人に訊いてみる。
「関西風の焼きだけって出来ますか」
「出来ますよ。そのほうが早く上がります」とのこと。
関西風がお好みの方はリクエストを出した方がいい。25分は待たなかったと思う。

ご飯の量を訊かれたので、少し多めにお願いします、とリクエストを出したが、それでも量は少なめだった。大盛を迷わず希望しましょう。

焼きだけだからといって臭みも無く旨い。

横浜で焼き鰻を食せる店を発見した。

しかし、土用の丑の日。スーパー、コンビニ、どこを巡ってもうな重、うな丼だらけ。
7月22日、これが全国規模で展開されてるんだから、そりゃあ鰻も絶滅危惧種にノミネートされるわけだ。

取材したことのある、鎌倉の老舗も店をたたんだと聞く。
フグみたいに、専門店だけで供する免許制にしたらいいんじゃないだろうか。


スポンサードリンク