menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

映画「エリジウム」を観た。


スポンサードリンク

映画「エリジウム」を観た。

言わずと知れた、「第9地区」監督のニール・ブロムカンプの2作目、「エリジウム」を観た。
どうだかなあ。
VFXは自然なんだけど、自然に見える設定での自然でしょ。これは「第9地区」の見せ方と一緒。
これはもう慣れちゃった。
だからワクワクしない。

売店で売ってるパンフの表1がネタバレだし。買いませんでしたが。

ラストの救命艇の件は、マジで監督の思想を反映したものなのだろうか。
だとしたら、偽善も甚だしい。

いまも昔も、そして未来も、世の中、さすがに狂ってるとは思うけど、そこをあんな綺麗に見せられても、響かないものは響かない。
恐らく、弱者への救済はああいった手段で行われるべきではないのだと。
言ってしまうと、この作品、「国家」という概念を初手から無視しているからしゃーないんだけどね。

何かしらの主張をしたいのは判るが、その主張が綺麗過ぎて、私には届きませんでした。
「地球」バーサス「エリジウム」という対比が大雑把過ぎでしょ。

ただし、主演女優が魅力的だったのは認めましょう。

スポンサードリンク