menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

総括、と言う程のものでもない、2013年夏アニメ。


スポンサードリンク

総括、と言う程のものでもない、2013年夏アニメ。

言い回しの関係で、夏アニメが総じて駄目だったととられかねませんが、そういうことではないです。

短くまとめます。

きんいろモザイク
何のことはない。退屈。

たまゆら~もあぐれっしぶ~
何のこともない。正直、残念。

■Free!
何のこともない。10話くらいで切った。というか、録画を観ていない。
円盤はヒットしてるようだが、私は買わない。
男に興味ない。

有頂天家族
京アニはん贔屓の私的には以前辛辣なことを書いたが、良アニメ。よく出来てた。
原作のお陰かも知れんが。
京都舞台のモデルケースとして、京アニはんは参考にして欲しいなと。
とはいえ、イミテーションの作画方式が異なることも考慮に入れ、京アニはんにはPAはん同等の「背景」作画向上をリクエストしておきます。
いずれにしても2013年夏アニメの私的な筆頭ではある。
でも、あの演出で、叡山電車はんは何でGO出したんでしょう。ちょっと不思議です。
逆に言うなら、「アレはアニメにおける設定ですから」、と同社が言えているなら、わたしは惜しまない拍手を送ります。

ロウきゅーぶ!SS
何にしても中途半端。それほど酷評する気もないが、要はバランス。スポ根、ロリ、エロ、、、それがバランス悪い。ゆえに抜けない(比喩的に)。

君のいる町
円盤買わないけど、2013年夏アニメのベストです。
原作未完&未読。作画も80年代風だけど、それがいいんだろうと。
OP/ED(オリジナルの方ね)の出来も良い。
遠まわしなハーレム物なんですけど、ドロドロしてるだけに、そこがまた新鮮。
2期は原作次第だろうけど、続きを希望しますね。テレ東はん。





スポンサードリンク