menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

大滝詠一はん、逝去。合掌。


スポンサードリンク

大滝詠一はん、逝去。合掌。

例年に増して慌しい年の瀬。
今日も出社で事務所移転の残務にあたっていたが、そこに飛び込んできたのが、大滝詠一はん逝去の知らせ。
放送の現場で、氏から影響を受けた年代のスタッフが多いせいもあるのだろう。どこでも扱いは大きいな、と感じた。紅白前の7時のニュースで、両親は誰?って顔だったが。

高校のとき、はっぴいえんどのLPを初めて聴き、そこからナイアガラ関連の楽曲に嵌った私。
レコードを買う金は無かったので、概ねレンタルレコードを利用していた。
「はいからはくち」の「間奏!」最高です。
「A面で恋をして」名曲です。
「A LONG VACATION」言わずもがなの名盤です。

ヤマタツ、元春、等々、詠一チルドレンの追悼の言葉がこれから各所で目にするのだろう。
今年は達郎との「新春放談」は無いのだろうか。新年は2週にわたりリクエスト特集のようだが。
やはり気になるのはTFMの「サンデー・ソングブック」での山下達郎はんの挙動である。
急遽差し替えも想定できるので、これは聴かねばなるまい。

ここ20年、全くと言っていいくらい、音楽の活動をされていなかったことが残念だ。


スポンサードリンク