menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

高速バスで行く冬の飛騨路・アニメ『氷菓』の聖地巡礼(その3・了・日枝神社)2014年1月16日


スポンサードリンク


〈本陣平野屋別館〉の朝食。朴葉味噌(ほおばみそ)の調理の仕方がプリントされている。これは親切ですね。

冬の朝。何の湯気だろう。画面中央に銭湯が見えますね。朝8時前なのに暖簾がかかってるってことは、営業しているのでしょうか。

高速バスで行く冬の飛騨路・アニメ『氷菓』の聖地巡礼。滞在3日目は日枝神社で初詣。


朝日と残雪と青空がいいコントラストだと思います。
アニメでえると奉太郎が閉じ込められた小屋も。


日枝神社から少し歩いたところにある〈スーパーさとう〉。

www.takayamasatou.com
「こも豆腐」や「高山ラーメン」「明宝ハム」などを買い込み、サービスカウンターでクール宅急便にて送ってもらう。
「あげづけ」や、野菜、果物など、飛騨高山の名産品が地元価格で手に入る、お土産物探しの穴場かもしれません。


キッチン飛騨〉と〈スーパーさとう〉がコラボした飛騨カレー。元々売ってる「キッチン飛騨」のものより若干安いのでお得ですよ。


巡礼者にはおなじみの、いつもの薬局はんには「のうりん」のポスターが。中沢 農である。ブルマーである。

今回の旅、途中同僚やアルバイトからメールや電話が入って、集中できんかった。もっと人を上手に育てなあかんな。ON・OFFの切り替えが上手くいくようにせな。いい教訓だ。


地元相手のトンカツや「小太郎」。美味である。

結局、帰りは高山本線を使ったのだけれど、往路だけでもバスの旅、という経験ができてよかったと思う。やはり、旅をするならそのエリアの旬の時期に訪ねるのが王道だと思います。高山に行くなら、シンシンと雪が降り続く真冬と、GWに訪れる桜の時期なんだろうと思う。また来よう。


スポンサードリンク