menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2014年1月25日、伊豆高原〈赤沢温泉郷〉へ行ってきた。


スポンサードリンク


2014年1月25日、以前から気になっていた伊豆高原の温泉〈赤沢温泉郷〉へ。


熱海から伊豆高原駅へ。


やまも口(南口)から送迎バスが出ている。


DHCが運営する〈赤沢温泉郷〉に到着。休日の入館料は1600円。館内着が別途400円。


内湯も充実しているが、こちらのお勧めは露天風呂。この日は4階の大浴場が男湯。


この海との一体感が堪らない。快晴ならもっと気持ちいいんだろうな。
※2019年2月追記。こういう浴槽の縁と、その先の海原を視覚的に一体化した設計の温浴設備を〈インフィニティ風呂〉と最近は言うようになった。当時はこんな言い回しはありませんでした。
お風呂の縁に両肘を乗せ、お湯をベッドににうつぶせ寝する感覚で身体を伸ばすと、もう最高な気分を味わえる。因みに3階の露天風呂のほうが規模が大きいらしいので、次は狙って行ってみよう。


レストランも観光施設のわりに比較的リーズナブル。刺身定食を美味しくいただく。鰯の美味いこと!


これは活力みなぎる。リフレッシュしたいなら、お勧めの温泉。


経営がDHCなので、アメニティも同ブランドで統一されている。好みの問題だが、私の好みではないので気になる方はマイアメニティを持参するのもよいかも。
平日なら1,200円でこの開放感は素晴らしいと思う。訪れたのは休日だったが正午に近づくにつれ客足がぐんと増えてきた。
9時のオープンを目指し、昼には引き上げる、という愉しみ方がお勧めかもしれない。


スポンサードリンク