menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

虎ノ門ランチ(3)ハングリータイガー


スポンサードリンク


虎ノ門ランチ(3)ハングリータイガー
およそ20年前、虎ノ門の会社に転職して、上司に最初に連れてこられた衝撃の店。
それが「ハングリータイガー」。神奈川在住の私は地元に特化したハンバーグ&ステーキの例のアレと混同して面食らったものだ。まったくの別物である。

ロメスパの元祖といっても過言ではないかもしれないこのお店。

数年前までは口うるさいお母さんが看板娘だったのだが、ご高齢のためか、リタイアされた様子。
ときを同じくして、店舗を数メートル離れた場所でリニューアルオープンしたせいもあろう。
ご子息?が現在は仕切っているようだ。

画像(iPhone5)はここの人気メニュー「ダニエル」大盛、1,150円。
因みに、秤使って調理はしていませんから、同じ大盛でも結構日によって出てくる量が異なります。


同じく中盛り(iPhoneX)。とてもよく写ります。
カルボナーラと勘違いされる方もいるけど、ぜんぜん別物。マッシュルームとベーコン&ハムが具材なのは一緒だが、クリームが混ざっていない代わりにガーリックバタープラス油と水で炒められた(下茹でした)スパゲティにとき玉子を絡めたそれである。ザッツ、オリジナルである。
これにお好みで胡椒、醤油、そしてたっぷりのパルメザン・チーズをぶちまけ、食す。美味いのである。
当然、食後は臭う。食後の息の臭さを気にしては駄目なのである。どうしても気になるなら近くのセブンかファミマでリンゴ・ジュースでも飲んどけ。
その禁忌を犯してまで食したい、と思わせるものがここにはある。

が、難点が無いわけではない。
結構調理人の入れ替わりがあるので、日によって味のばらつきがある。そこは覚悟して。
そして、平気で値上げをする、というあたりは、改善することは無いんだろうなと。一昔前はこの大盛が1,000円しないで食せたんだけどね。

それと、サイドメニューでもいいからスープをチョイスできるといいと思う。
ミネストローネとかがデフォで付いてきたら画期的なランチ革命が起きると思うんだけどな。

ランチタイムは禁煙。夜は不明。

ここはこれ以外にも、人気メニューがあるので、追って紹介しますね。
「ペスカ・混バジ」「ペスカ・混トマ」とかね。


スポンサードリンク