menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

2014年冬アニメ、中間報告。


スポンサードリンク

2014年冬アニメ、中間報告。

年頭のエントリで、今期の視聴候補を絞り込んだのだが、現状を報告。

ハマトラ
そにアニ
以上2タイトルは早々に切った。
ハマトラ」はお話に推進力無し。さすがの横浜市民でもこれは擁護できない。
そにアニ」は想像以上にキャラクター造詣がデブ過ぎ。所謂、奇乳系は勘弁なので。

継続視聴組は、

◆絶滅危愚少女 Amazing Twins については制作が遅れているようなのでいったん除外。

Wake Up,Girls! は、こんなもんか、という印象。劇場版のライブシーンで開け広げにおパンツ見せた演出は判ってないと思うし、それをTV版の序盤OP映像に流用するのはNGだと思う。現在は別ヴァージョンに差し替わっているが、これでは進行が間に合わなかったんだな、ってのが透けて見えてしまうし、私的にはあの見せ方は下品だと思う。
また、序盤での背景の書き込みの少なさにもポカーンとしちゃったし。例えばスィーツ・ショップでメンバーが会話してるバックの道路に車一台通らないとかね。
向学のために今後も視聴するが、今作は制作者のための反面教師として、いいサンプルになるかもしれない。

◆いなり、こんこん、恋いろは
正直、それほど魅力的なタイトルとは思えないのだが、継続視聴中。
うか様のバックグラウンドが少し見えてきたので、退屈しないで済みそうだが、いなりが未だ魅力的に見えない。

中二病でも恋がしたい! 第2期・戀(れん)
安定してますね。一期メンバーの魅力掘り下げは、ここまで上手くいってると思う。新キャラ、七宮の描き方が中途半端だけど、原作どおりの鬱展開には恐らくならないんだろうから、だったらどう絡めてくるのか、興味があります。
聖地巡礼型アニメに、一期ほど今作は拘っていないようなので、そこは心配だけど、次回修学旅行先が気になりますね。

のうりん
今期タイトル群の傾向なのかもしれないけど、過去作へのオマージュという名の滑り気味ギャグが多い本作。キャラデザ、嫌いじゃないです。花澤はん演じる農(みのり)の太ましいキャラと、全体に言えるキャラの瞳の描き方が独特なのが新鮮です。美濃太田、これで町おこし大丈夫なの、と心配にはなりますが、楽しく観ています。
あと、ベッキーもっと出せ。

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。
某機関に刺されて、深夜帯に移動した本作。
あの内容じゃ仕様がないけど、物語の推進力はマル。
日和の正体が明かされるまでは持続しそう。

ノラガミ
何気にいまのところ今期ナンバーワン(実質ツー)。伏線込みでストーリー的に一番興味が持てる作品。

そして、実は「ノラガミ」を上回る私的ナンバーワン作があって、それは当初挙げていなかったダークホース。
◆ロボットガールズZ
だったりする。
京アニはんのアニメ、「日常」で相生祐子を演じた本多真梨子はんがほぼ「ゆっこ」キャラで演じるZちゃんがもう最高に魅力的。
加えて、えっちい方面のニーズもバッチリ・フォローというのだから面白くないはずが無い。
グレちゃんもグレンダさんも素敵。進行に余裕があるのか、作画も崩れないしね。
往時、殆どロボアニメに興じていない私でもこれだけ楽しいんだから、ハマった御仁は堪らないはず。
2話3エピソードは相当面白い。
恐らく京アニスタッフはんにもウケいいじゃないかと勝手に邪推。



スポンサードリンク