menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

虎ノ門ランチ(8)ととや


スポンサードリンク


虎ノ門ランチ(8)ととや

ザッツ、虎ノ門、リーマン・ランチ処。「ととや」である。
屋号のとおり、「魚」に強い店である。
店頭で食券を買い着席すると、とたんにサーブされる多忙なリーマン御用達(本来の意味とは違うが)の高度成長型ランチ処である。
11:30から13時までは、まさにオヤジの学食状態。さっと食ってさっと出て行く感じ。
とは言っても、コアタイムを外れると、少し待たされますけどね。
13時から14時までは女子も見かけるまったりタイム。

画像は「しまあじ刺身定食」800円。ライス大盛で850円である。
島鯵のほか、鯛、ホタテ、マグロ赤身、甘エビの刺身に、生玉子、ミニ・トンカツ&キャベツ+蒸かしたサツマイモ、プラス味噌汁。ほうじ茶は同時リリース。
画像右に見切れているのは中鉢に盛られた大根中心の浅漬け=これは取り放題である。魅力的である。こういう鉢に盛られた「取り放題」の漬物って、若い世代には難しいかもしれないけど、ある一線でOKってなるから不思議。

メニューは刺身中心の日替わりメニューの他、焼き魚、メンチ、天ぷら、唐揚げ等の揚げ物メニューから選ぶことが出来る。全メニュー生玉子付。メニューによっては別にやっこが付く。
オール800円。ライス大盛が850円。判りやすい。

私的には薩摩芋って苦手なのでほとんど手を付けないが、早い、安い(この界隈では、と思う)、そこそこ美味い、という意味で、欠かせない存在なのだ。

上記画像の通り、濡れ布巾しかテーブルには装備されていないので、ナプキンor ティッシュが欲しいところだが、リーマンの刹那のオアシスに、それらは不要なのかもしれません。

時間が無いから手短に、と同時に、此処で食べたいからって思える、稀有な存在かも知れません。


スポンサードリンク