menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

虎ノ門ランチ(9)ビックラーメン


スポンサードリンク


虎ノ門ランチ(9)ビックラーメン

男性専科である。
女子がここで食しているのを見かけた記憶がない。
黙々とエネルギーを蓄えるオヤジ専門中華食堂。

ハングリータイガー」が移転するまでは、「虎ノ門トライアングル」と筆者が勝手に名づけたランチ激戦エリアを形成したのだが、同店の移転後は「虎ノ門ライン」を形成する様相。
「元華」「ビックラーメン」「ハングリータイガー」をほぼ直線で結ぶことが出来る。
アレですよ。日本古代遺跡を線で結ぶと、驚愕の結果が、、、的な。

画像は「ミックス(味噌)ラーメン」880円。もちろん、ベースはこれ以外、醤油、塩を選べます。
トッピングはデフォでもやし、ニンジンの野菜類、メンマ、コーン、叉焼(特大が2枚)、ハーフゆで卵に、大量のワカメ、加えてよくわからない貝類、という、空腹を満たすためにある超絶ものである。

太麺はさほどの量ではないが、これだけのボリュームならこの午後も乗り切れるのだ。
開店時から13:30までは麺類と餃子定食のみ。
それ以降は生姜焼きなどの定食メニューがオーダー可能となる。

「柳麺」として、ちじれ麺のそれを選択することも可能。

ビックカメラじゃないけど、何故この屋号が「ビッグ」じゃなく「ビック」なのかは知らない。
しかし、虎ノ門リーマンの空腹を満たすパラダイスであることに変わりはない。



スポンサードリンク