menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

新海 誠監督、Z会 「クロスロード」 120秒Ver


スポンサードリンク

~ Story ~ 塾もない離島から大学進学をめざす女子高生の海帆(みほ)とアルバイトをしながら受験勉強にはげむ都内在住の男子高生、翔太。 「Z会の通信教育」を通して、知らない間に人生が交差していく2人の物語。 (公式より)

ゆきあつとつるこじゃね、とは感じたが、それはそれ。
スポンサー寄りに脚本、演出がなされているが、それはそれ。

こういうのって、いいよね。 京アニはん、京都資本の企業スポット、取りに行きましょう。
というか、同社に依頼する企業はないのかね。
忙しいのかな。
止め画のポスターなら実績あるんだから、ここは推進すべきじゃないかと。
このフィルムを観て思いました。

冒頭、鳥を追うカメラのピンが合わなくて、レンズに装着されたフィルタの埃にピントが合っちゃうという細かい芸当をやってくれてます。合格発表の描写もそう。
ホームカメラ(失礼、監督)で撮影した方なら思い当たることもあるでしょう。

演出的にレンズ越しの「舞うもの」を強調した感が見て取れます。
雪、埃、桜、という。
通常、アニメーション演出では使われない、「そこにカメラがある」というドキュメンタリ・タッチな演出方針なんでしょう。

瀬戸内海と東京で、共に同じ大学を目指す主人公ふたり。
そんなふたりを添削するZ会の先生(と言っていいのかな)のモノローグ。

有り得ないし、そもそも東大受験かよ! と片付けるのは簡単。
受験場所と、合格掲示違う場所なのかよ、とか、そもそも、合格通知、郵送されないのかよ、と文句垂れるのはやめましょう。
ここは物語の構成を楽しみましょう。

Z-KAI Copyright© ZKAI Co.,Ltd.

スポンサードリンク