menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

水沢悦子著『花のズボラ飯』3巻を見た。


スポンサードリンク

水沢悦子はんの『花のズボラ飯』3巻を見た。
※未読の方はネタバレあるので。






2でまかれた伏線の回収はこの巻では無かったです。
ミズキが臨月に近い、ってことくらい。花自身への言及はありませんでした。

ズボラ飯に悶絶する花の表情は1巻のそれに寄せてきた感じ。さらに描写としては微妙なエロ度は高まっている印象です。

さらに、カバー裏には今回もどん引きされそうなイラストが。。。それって、一般向けのコミックとしてどうなのか、という。。。ぱんつフェチには堪らんものがあるでしょうけどね。

この巻も、「マコちゃん画日記」との絵面のシンクロが楽しめます。

有楽町の書店では原作の久住はんのサイン会の告知があったけど、さすがに水沢悦子はんのそれは開催できんわな。

2巻ほどの感動は無いものの、というか、やはり2巻のあの終わり方は、あれでマル、って認識だったんだろうな原作サイドも、とは感じるも、とても楽しめる1冊でした。


スポンサードリンク