menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

コレットマーレ(Colette・Mare )のテナント撤退がやばい。


スポンサードリンク

コレットマーレコレットマーレ(Colette・Mare )のテナント撤退がやばい。

ローカルネタだけど、JR桜木町駅前の商業施設、コレットマーレ(Colette・Mare )のテナント撤退が止まらない。

今日も立ち寄ってみたら、今年度(3末)で閉店、というテナントがわんさといて、いささか心配となったので書いておく。

専らここを訪れるのは過去何度か書いた、「横浜ブルク13」というシネコンで映画を鑑賞するためなのだが、道すがら各階のテナントをぶらぶらするわけで、「ホンマ、大丈夫かいな」と思うわけです。

多分、きっかけは1階に入居していた「TOPSHOP (トップショップ)、TOPMAN (トップマン)」の撤退 なんだと思う。
今でもパーテーションで仕切られた向こうの店舗スペースに無駄に照明があたっているのが痛々しいのだが、この春に向けて、ガンガンこんな感じでテナントが欠けていく。

どうなっちゃうんだろう。。。

【2021年3月追記】

最初にこれを書いてから5年が経ちますが、今現在は7階のレストラン街が全面撤退&改装に入ったと思ったら、6階のシネコン横浜ブルク13」に隣接されていたレストランも全面撤退という状況です。こういうのが運営のヒューリックのやり方なのかしら。とにかく食事処がなくなるのは不便です。

そんな中、2021年3月29日、改装中だった7階フロアに、焼肉の〈大徳壽(だいとくじゅ)〉がオープンしました。上の画像はフロアガイドですが、新装開店したのは同店だけ。

焼肉の老舗大徳壽ひとり気を吐く〈大徳壽〉ですが、この7階のフロア、


ほかの店舗はどうなっているのでしょう。


アート風にのぞき窓を設けてくれている場所がありました。更地状態ですね。この状況下で新規開店は確かに難しい判断です。


ふと気づくと、〈横浜ブルク13〉のハウスカフェ〈OASE〉以外すべて撤退していた飲食テナントの中で、〈ベイサイド ダッキーダックキッチン 〉だけが営業を再開していました。

たまたま営業時間外に通り過ぎていただけなのかしら。確かここも閉店(休業)していたような。いずれにせよ2012年3月29日現在、6-7階の飲食店は2店のみの営業です。

f:id:sepyas:20210414171633j:plain片や、いままで改装中だった5階は「#ワークマン女子」が活況。有隣堂が手掛ける雑貨とカフェと書店が融合した「STORY STORY YOKOHAMA」など、個性的な店舗が誕生したり、4階の「無印良品」の大規模展開、1階のカフェ&ベーカリーと地下1階のスパーマーケットリニューアルなど、利便性が上がった面もあります。

f:id:sepyas:20210414171639j:plainコロナ禍で致し方ない面はあるのでしょうが、2階のオリーブオイル屋さんがチョコレート屋に替わったと思ったら、3か月ほどで閉店するなど、現在でもスクラップ&ビルドが続いています。それに、こちらに限らず、コロナ蔓延のこの1年で、同じように閉店するテナントはそこかしこで見かけますしね。
それにしても、桜木町のこちらはやることが大胆だなあ、といつも感じています。


スポンサードリンク