menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

劇場版『響け!ユーフォニアム』川崎チネチッタの期間限定〈LIVE サウンド〉上映・感想


スポンサードリンク

劇場版『響け!ユーフォニアム』川崎チネチッタの期間限定〈LIVE サウンド〉上映・感想

上映シアターが【CINE8】と520席ほどのチッタで最大のシアターなので、鑑賞する席によって、印象は変わるのかもしれないが、I-12-15という、ほぼ劇場のセンター(平面図的に・高低差は考慮せず)での鑑賞だったが、〈LIVE サウンド〉とは要するにこういうこと。
作品全体の重低音を、増設したスピーカで増し増しにしていますけど、台詞が聴こえ難くなるのを防ぐため、センタースピーカも増設して、フォローしてます、と。


スクリーン・センターに増設されたPA。中二つがウーファー。両サイドがセンター・スピーカと考えれば解り易いと思う。ホームシアターのデラックス版ですよ。
劇場の音響の仕様が変更されているので、つまりは本編上映前の予告編からこの音響仕様、な訳です。『君の名は』のBGMの炸裂感といったら。

結論。通常の劇場の音響で充分です。むしろ、この仕掛けは必要ありません。
予告編を含め、本編中の劇伴を含むすべての低音が強調されるので、場面によってはストレスになりかねません。少なくとも私はそう感じました。
肝心の吹奏楽の演奏シーンも、低音が強調されるだけで、かえってバランスに欠ける、と思う。
前記したとおり、台詞が聴こえにくくなる、高音が物足りなくなる、といったことは一切ないのでそこは安心ですが。やはりバランスだね。

加えて、これは批判めいた指摘だが、シアターが大きいせいで、スクリーンも大きいのはいいんだけど、投影される画像の全体の明度が高めで、青空を大写しにするようなシーンでは、銀幕の筋が映ってしまい、終盤の久美子たちの演奏シーンでも明度が高すぎて、全体白くなっちゃってる。これもバランス悪し。

明日も観にいくつもりだけど、ブルク13でいいし、むしろバランスのとれたブルクの音響がベストかと。加えて、色の彩度・明度調整もこっちのほうがバランス取れてる。


スポンサードリンク