menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2016年春アニメ、雑感。


スポンサードリンク

最初にして最後かな。
2016年春アニメの視聴タイトルと雑感。

〈カバネリ〉
初代マクロス世代としては、美樹本晴彦はんのキャラデザがすべて。
ただし、実際の作画に生かされてたかといえば、残念ながらそうではなかったけど。
そんなオールドファンを唸らすこともなく、残念な世界観と脚本で、みるみる失速して行ってしまいましたね。

くまみこ
S心をくすぐる、主人公まちの表情に癒されたS属性の御仁も多かったとは思うが、やっぱり話の運び方が雑、かつ意味不明。まちを成長させたいのか障害者扱いしたいのか、明確に出来ないまま終わってしまった。
原作者のネット上の発言が話題を呼んだと思えばすぐに削除されていたり、脚本家がトンズラしたり、製作委員会的にも未熟な方が多かった、ということでしょう。
前半良かったのに残念です。

ふらいんぐうぃっち
赤尾でこはんが参画している作品では他にも「謎の彼女X」(大好き)や「ノラガミ」といった作品が好きだ。
本作はキャラデザは簡素すぎるきらいがあって正直好みではなかったが、日常モノとして、ストレスなく楽しむことが出来た。


ハイスクール・フリート
せっかく「ストライク・ウィッチーズ」で艦船デザインした会社を引っ張ってきても、話の筋がアレじゃあ、活かしようがないわな。もっとも、彼作でも、艦船が大破している様の描写は皆無といっていいので、そっち方面は苦手(てか、多分誰も出来ない)なんでしょうね。本作でも、実際艦船が被弾して、損傷している描写は武蔵の副砲以外ほぼありませんからね。
それはさておき、やはり脚本がクソ。多分シリーズ構成の吉田玲子はんは置物でいいってことで、で労使の合意があったんだと思います。実際ほとんどの回を書いていないし、この企画の戦犯を彼女に押し付けるのは筋違いかなと。
だって、世界観、物語、キャラ造形、OST、何も練れてないんだもの。
そのくせJR東日本とのキャンペーンは立派に展開してるし、ここでも製作委員会の未熟さが露呈してしまった感。

〈ばくおん!〉
暇つぶしに全話見てました。ごめんなさい。
アニメーション、という時点で、それはリアルではないのだけど、物語内のリアルの境界、設定が、???となる箇所があって、しかもその存在が結構大きいものだから、なおさら違和感を感じてしまうという。
お分かりですよね。来夢先輩のことです。
バイクですからね。ヒトの生き死にに関わるテーマものでもあるわけで、過去のエピソードも含め、彼女の生死込の存在感は観る者に影響を与えざるを得ません。
このあたりのファンタジー要素は、観ているクール内での感情の起伏にも影響される要素かなとも思うので、深くは言いませんが、目に見えて、字も書ける亡霊が、死んでるはずがない、という解釈をしておきます。

というわけで、5タイトル、途中切ることもなく、完走しました。逆に、途中切りしたタイトルもないという。
話題になっていたタイトルもあったようですが、いちいち気にしてられません。




スポンサードリンク