menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

映画「ゴーストバスターズ(2016)」を観た。


スポンサードリンク

映画「ゴーストバスターズ(2016)」を観た。

「変な顔!」。
往年の鶴太郎のパロディー・ソングが聴こえてきそうである。
編集単調すぎ。
パラレルに物語が同時進行せず、カット編集が単調なので、中盤までは結構だれる。

だからといって、後半は盛り返すのかといえば、そんなこともない。

マシュマロマンのオマージュはいいけど、いくら伏線活かしたいからって、「そこ物理かよ!」という突込みが入っても仕方あるまいて。

レイ・パーカー・Jr.のタイトルチューンの使い方も上手くないかな。
creed」のアレを見せられちゃうともうがっかり感しかない。

バスターズのキャストを全員女性にしたのは結局、エリン(そんなにナイスバディでもないのに)の身体のラインに目がいっちゃうとか、マイナス要因のほうが多いんだよね。
繰り出される下ネタギャグも女性が言うと却って下品だし。
客席には夏休みだけあって、若い女子も多数いたけど、面食らうんじゃないかな。ギャグの意味もわからないかもしれないけど。
この女性キャスト起用に関しては、様々な騒動があったと聞いてはいるが、端的に言って、「変な顔!」ってなっちゃうんだよなあ。

シガニー・ウィーバーカメオ出演はナイスだったけど、ビル・マーレーのあれはないんじゃね。逝き様ちゃんと見せてよ。
というか、昔からこのシリーズはそうだったかもしれないけど、登場人物が残忍に殺されるシーンって、ないような気がしますね。

恐らく多くの邦人客が観たら、付いていけないし、客層が中高年に偏るのも仕方ないことなのかもしれません。

スポンサードリンク