menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

映画「何者」予告編に思う。


スポンサードリンク

映画「何者」予告編に思う。

「私たちはもう、そういうところまで来たんだよ!」

(俺、編集上手いでしょ、からの)

イラっとするスキャット。。。

もう飽きるくらい、見せられ、聞かされた、映画、「何者」(東宝)の予告編である。

君の名は。」や「聲の形」のプリロールで、もう、嫌という位、見せられた予告編である。

これ、逆効果じゃないですかね。

聲の形」の予告編がTOHOシネマズ込みでプリロールされたおかげで、彼作は健闘している、という側面があることは以前のエントリでも書いたが、今作に関しては、もう流すの止めたらいいんじゃないの、と思うのだ。

だって、「君の名は。」を観に来た彼らが、「何者」を観たいとは思わないんじゃないのかな、と思うから。

しかも、そのキャッチ・コピーが、「青春が終わる。 人生が始まる。」なんですからね。

俺らのこと、バカにしてんの、とか思うかも知れないですよ。彼らは、馬鹿なりに(失礼)。

どの時代もそうだろうけど、将来についての漠とした不安を感じていなくもない彼らが、あんなコピーの、しかも就職活動を題材にした(と思われる)映画を、なんで観にいかなきゃならないのだろう。
おじさんは思います。
どの時代も、と書いたが、戦況は往時と比して芳しくないけどね。

じゃあ、就活中の学生が観に行くかといえば、、、就活するんじゃないですかね。

いみじくも、おじさんの若い頃なら、「就職戦線異常なし」(東宝・1991)なんかを連想しちゃうんですけどね。

さすがに、この歳になると、両者を比較したい気分にもなるのだけれど、いまの若者にはどう映るんですかね。

君の名は。」ヒットのおかげで、結果(言い訳)として、通期見通しとして、こんなチャレンジが出来る。恵まれた、いいお話です。

【2016年10月31日追記】
10/29「ライムスター宇多丸ウィークエンドシャッフル」の〈タマフル放課後CLOUD〉で、「何者」と「就職戦線異常なし」の比較を関係者各位で面白く評しています。必聴ですよ。


スポンサードリンク