menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』を観た。


スポンサードリンク

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』を観た。

公式に許可された撮影ポイント。
iPhone5のカメラじゃ、これが限界かな。意外にもノリの良さそうな麗奈である。

若干のネタバレあります。


いわゆる、TV版『響け!ユーフォニアム2』の総集編ではあるのだが、要所要所に新規カットを挿入してくれていて、飽きないですね。
冒頭から、原作3巻プロローグの映像化には拍手を送りたいし、文化祭や京都駅ビルコンサートのシークエンスでも新規カット目白押しと言ってもいい位だ。
2期TVシリーズのカット編集の順序を変えただけだけれど、とても効果的に演出されているシーンもあり、京アニの演出若頭、小川太一はんのお仕事は素晴らしいと思う。
限られた上映時間内で、小川はんと、シリーズ演出の山田はんは、久美子とあすかの関係性に的を絞って上手にまとめてみせたと思う。

しかし、所詮総集編であるからして、久美子と彼女の姉、麻美子とのシーンは大幅カットされ、吹奏楽部顧問の滝センセに思いを寄せる麗奈と、滝の奥さんを巡るシーンも完全カット。
他にもカットされたシーンに枚挙に暇がないのは仕方あるまい。
ただ、それはTV版『響け!ユーフォニアム』のファースト・シーズンとセカンド・シーズンの出来が如何に無駄なく、かつ豊かに仕上がっているかという証に他ならない。

複数回観賞するかは微妙。ただ、新規シーンを盛り込んだ2期のTVヴァージョンが観たい。

ファーストデイの11:10と比較的埋まってる回だったけど、客席は半分位かな。チッタの爆音は少しはマシな入りのようだけど。

劇伴に関しては、仕様上、仕方ないんだとは思うが、もう許してあげていいんじゃないかとは思う。

エンドロール直後に、山田尚子監督で『リズと青い鳥』が2018年4月21日公開、という告知が入る。何のことはない。以前から告知されていた、〈のぞみぞれ〉の話なんだけど、タイトルは原作から取ってきてるのかね?
『波乱の第2章・前編』をまだ半分しか読んでないのよね。
今週には後編もアマゾンから届くので、ピッチ上げてきますか。

スポンサードリンク