menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

〈喜和味庵〉 東神奈川店でピリ辛そば


スポンサードリンク


喜和味庵 東神奈川店でピリ辛そば。
街中の蕎麦屋、特にチェーン系の店ではチョイチョイ見かけるようになって来た。
そう、西新橋「港屋」のフォロワーである。
開店当時は比較的すぐ入店できたが、今ではかなり厳しい。行列が途切れることはほぼ無いもんな。
大量の刻み海苔と白ゴマの乗っかったそばを、ラー油が混ざった乱切りしたネギ入りの温そばつゆでいただくというもの。
「港屋」でもそうだがオプションの生卵は無料。ここ、「喜和味庵」でも最初からセットで付いてくる。松乃家方式で、卵の殻用の小皿と、中身を投入するためのお椀が一緒に出てくる。れんげも一緒に出てくるので、メーンのスープ皿からお椀にスープを移して、好みの卵濃度で別立てで食せるというわけだ。この点は本家「港屋」には無い工夫だと思う。
ただし、肝心のそばが、、、茹で過ぎというか、コシが感じられない。残念だ。

西新橋の繁盛店は、最早アンチの標的として、いろいろ言われたりもしているし、彼らの言うことももっともだと思う。
薄暗いを通り越して、老眼進行中の中年男子にはメニューも読めない照明設計。
ただでさえ狭い店内の効率をスポイルしている、無駄とも思えるセンターオブジェなのだ。

さほど追求しているわけは無いが、まだ、「港屋」に逼迫するお店を知らない。
それは、たまたま職場近くに「港屋」が出来たから、評判になる前に通っていただけで、フォロワーが有利なのは言うまでも無い。同等の出来、ないし、超えてこそのフォロワーでしょ。




スポンサードリンク