menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

2018年、貴殿にご多幸あらんことを。そして、INSPA横浜で初湯。


スポンサードリンク

明けました。

2018年。本年も徒然なるままに大して面白くもないことを書いていきます。


2017年、暮れから色々あって、風呂に浸かっていない。
リボーンの意味をこめて。近場のここへやってきた。

東神奈川の『インスパ横浜』。
正午近くを狙った。10時オープンの客が一回転したのか、浴場には誰もいない。
南側に面した半露天風呂は、目隠し代わりの格子を抜ける日差しが、浴槽に映えて美しい。
あぁ、癒される。


といった感じで、新年の初風呂を愉しむ。
※iPhoneXの広角寄りで撮ったので、長大に見えるけど、こんなことなはない。
黒湯ほどではないのだが、黄金色の湯は非日常を演出するには絶好である。
もちろん、誰もいなかった(ことを見越して)撮らせてもらった。

四季折々の日差しが差し込む方向を推定して湯を浴びれば、視覚的にも絶好のリラクゼーションとなること請け合い。
太陽が西に傾くと、ほぼ黒湯の様相を呈するし、ありがたみも半減してしまう気がする。


ただ、以前も書いたが、このように、長居できる休憩どころがあるにも拘らず、Wi-Fiは上限があるため、押しなべて滞在客がそれを望めば、受からない客が続出する現状。

これは同施設のリラクゼーションルーム。
※男女混合版。女子が任意で選べる専用スペースは同フロアにある。

さすがに、元日からこんなところでまったりする客はそう多くはないのだろう。
しっかりWi-Fi通信できたけど、このあと、意外にも混みはじめ、元日の身の処し方に苦労している方も多いのだな、と感じた所存。

5回通うと、50%OFFのクーポン付与。10回通うと次回無料のクーポン付与という、こちら。
※なぜか公式サイトではうたっていない。
※2019年、この制度は廃止されました。

横浜の穴場・温浴施設として、2018年も利用させてもらいたいとは思うけど、Wi-Fiの設定を見直してくれないといかんかなあ。普段の週末はまず受からんし。


スポンサードリンク