menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

箱根強羅温泉・箱根太陽山荘で日帰り温泉


スポンサードリンク



箱根の強羅温泉・国民宿舎 箱根太陽山荘の日帰り温泉を利用したのでご紹介します。
書店で平積みされているムックに、知られたくない秘湯みたいな紹介がされていたので、ググって、行ってみました。強羅駅の賑わっている側から、地下の連絡通路でケーブルカーの「向こう側」に行けることすら知りませんでした。朽ち桜の寂しいダラダラ坂をしばらく歩くと、太陽山荘の施設群が現れます。



箱根太陽山荘は国の登録有形文化財に本館・別館が指定されていますが、改装が繰り返されていて、古びれた感がしないあたりがいいですね。本館で日帰り入浴料1,100円を前払い。フェイスタオル1枚が付いてきます(要返却)。下駄箱に下足をしまい、突っ掛けに履き替えて、温泉棟に向かいます。

箱根太陽山荘の温泉棟箱根太陽山荘の温泉棟は左が木風呂、右が岩風呂です。日替わりで男女湯が入れ代わります。

箱根太陽山荘の木風呂木風呂です。この日はたまたま独り占め。ラッキーです。

箱根太陽山荘の木風呂箱根太陽山荘の温泉棟は2007年竣工。総檜造りだそうです。大涌谷を源泉とする掛け流し。伝統とモダンが融合した内装も好印象です。

箱根太陽山荘の木風呂少しだけくたびれた感じがいい感じです。わずかに濁ったお湯は身体にまとわりつき、硫黄臭はさほどきつくありません。手の甲と掌の古い皮膚が浮き上がっていくようです。

箱根太陽山荘の岩風呂翌日は岩風呂も試してみました。源泉は同じだと思いますが、光の当たり具合で、岩風呂の湯は少し緑がかって見えます。意匠は木風呂からさらにダイナミックなものとなっており、擬似露天の雰囲気を感じることができます。

箱根太陽山荘の岩風呂浴室に入ってすぐ(岩に蛇口が付いている)のところに寝湯があるので、長居している客と目が合うのが難点でしょうか。天窓から射す日差しを受けながらまったりできる。こっちの湯の方が長居する客が多そうです。壁面は石の様に見えますが、すべて木材を加工したものです。

箱根太陽山荘温泉棟の二つの湯とも、洗い場は4脚あるが、浴槽もそれ以上同時に入ると、窮屈さを感じるくらいの広さだと思ってください。お湯の質はすごくよいので、できることなら1-2名でのんびりしたいのが人情。これ以上、知られたくないけど冒頭書いたとおりムックで紹介されるくらいだから難しいかもしれません。

箱根太陽山荘温泉棟の脱衣所箱根太陽山荘温泉棟の脱衣所も綺麗に整頓されていますが、アメニティの類は一切ありません。ドライヤーは2つ。貴重品など身の回りの品は本館のロッカーに預けます。温水洗浄便座付きのトイレを備えています。チェックインの際貸与されたタオルも本館の返却籠に戻します。箱根の温浴施設にありがちな、禁止事項が書かれた日英韓中語のポスターの類は一切貼られていません。それだけ常識をわきまえたヒトだけに開放していますよ、という明確な意思を感じます。

宿泊客用と共同運用(客室に風呂はない)なので、宿泊客用に供される時間をよけた時間が日帰り客宛ての提供時間となります。よって、日帰り風呂の営業は11-15時。原則入浴時間は1時間縛りですが、打刻レシートを渡されるわけでもなく、この二日間、口頭でその旨通知もされませんでした。そのあたりは運用なのだろう。ゲストも団体で押しかけない、込み具合を考慮するなど、マナーが尊重されます。

入浴後は本館に戻り、本館食堂などが休憩処として開放されていますが、寝転がるような座敷はありません。ただし有料で客室をレンタルできます。さらに館内はWi-Fiが受かります。

箱根・強羅温泉、箱根太陽山荘の公式サイトはこちらです。

taiyosanso.com




小田原駅前の〈魚がし〉で刺身定食1,300円とアジフライを単品900円でいただく。ここは何を食べても美味いです。値段も標準的。大ぶりの鯵は4枚(二尾分)で食べ応え抜群。下手な早川漁港の観光客向けの店よりもいい仕事をしてると思います。マグロの赤身も身が締まっており、水っぽさは微塵も感じられません。おすすめです。


スポンサードリンク