menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

小田原〈うおがし〉で生鯵のにぎりと生シラス巻。そして久里浜の〈三富屋直売所〉でコロッケ。


スポンサードリンク


箱根湯本は新緑が眩しい季節。ひとっ風呂浴びて、まずは小田原まで戻り、


小田原〈うおがし〉で生鯵のにぎりと生シラス巻。
腹八分にも足りない量だが、夕飯のおかずが決まっているので、この程度で我慢。

 
大船から乗り継いで久里浜へ。東京湾フェリー乗り場裏の温泉に通っていたのに、この存在に気づかなかった。「海辺の湯」へ行ったついでに、通ってみようと思う。


了承をいただき撮影。安価なのはいいけれど、〈ポテトコロッケ50円〉は、最近のコロッケの傾向なのか、甘みが強くmenehuneの口には合わない。とにかく甘くないコロッケを探すのは一苦労だ。一方〈豚メンチカツ50円〉は肉本来の旨味があって美味い。
次は牛や鶏のメンチも試してみよう。

因みに、menehune家の自家製コロッケに砂糖の類は使わないし、レシピサイトを覗いても、砂糖を使わないレシピは普通にある。
惣菜屋で売っているコロッケは何故甘いのか?」という疑問はmenehune以外の方も抱えている様子で、ネット検索すると、結構な数ヒットする。諸説あるようだが、水分を保持する必要があるから、というのが有力っぽい。
ここはひとつ、まとめてみるのも面白いかもしれません。


スポンサードリンク