menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

横浜橋商店街「酔来軒」の酔来丼を。そして近代建築の新しい発見。


スポンサードリンク

横浜橋商店街「酔来軒」の酔来丼(すいらいどん)を。そして新しい発見。


2018年のいま、400円で堪能できるんだからステキ!
自分で作れなくもないとは思うけど。

地図を見ていたら、店の近くに神奈川県埋蔵文化財センターとある。博物館?と思い歩いていくと、なんだコリャ。


近代建築が目に飛び込んできた。旧中央衛生試験所
神奈川県衛生研究所のウェブサイトによると、1902年(明治35)にペスト研究所として発足し、1937年(昭和12)、神奈川県中央衛生試験所(横浜市南区中村町3丁目185番地)と改称し、総合衛生試験機関として発足。現在は神奈川県埋蔵文化財センターが管理推しているらしい。
建物自体は1927年(昭和2)竣工らしい。中を覗いてみたいものだ。

他にも何か面白そうな物件があるんじゃないかと思い、ブロックぐるっと回ってみた。すると、


遅れてきた同潤会アパートと言ったら大袈裟だろうけど、一見して昭和の風格を感じる。
ヴェランダは後付されたのだろうか。廃れ具合が異なる。
さらにぐるっと回ってみると。


武道場!? なにこれ。『氷菓』に出てきそうなくらい古いんですけど。
さらに進むと、


神奈川県警察自動車警ら隊とある。古い庁舎だ。さっきの武道場込みで、映画のロケ地で使えるんじゃないの?
これも調べてみたら、神奈川県警察自動車警ら隊のサイトがあった。沿革に由来があった。中村町分庁舎は、1930年(昭和5)に警察学校として建設された建物だそうだ。
敷地も隣接しているし、埋蔵文化財センターの近代建築と、関連性があるのかもしれない。

横浜の近代建築も、大戦を経てそのほとんどが失われたのだろうが、こうして、新しい発見もあるのだ。


スポンサードリンク