menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

JR鶴見駅西口に横浜かすうどんの〈りっちゃん〉が進出


スポンサードリンク


JR鶴見駅西口のフーガにあったラーメン〈松波屋〉が閉店して、しばらくテナント募集となっていたが、今月中旬、横浜かすうどんの〈りっちゃん〉が進出するとのこと。
公式サイトの出来の良さにもびっくりした。
【2018年8月8日追記】
上末吉店の情報がいまだ掲載されているので、前言撤回。
鶴見駅前店オープンと同時に差し替えるつもりなのかしら。


今日勇んで出かけたら、とっくに閉店してるじゃない!
このあと生麦店まで出向き、7月30日には閉店したとのことでした。


生麦店でのリベンジは、たんたんうどん500円に油かす250円をトッピング。
うどんはコシがあり、油かすも弾力の噛み応えを堪能できる。出汁の効いた坦々スープもいける。締めて750円だが、量が足りない。
全般、自販機の注文システムがわかりづらいのが欠点なので、ここをスマートにしないと、客が回らないと思う。【追記了】



menehuneも過去のエントリで、川崎のお店について書いた。上末吉店(移転前の)で食したこともある。
知らない間に、神保町や蒲田、生麦にも出店していた。
そして、鶴見西口進出である。立地と価格帯から推し量るに、結構繁盛すると思う。

〈公式サイトから〉
大阪発祥の「かすうどん」を独自配合の出汁で発展させた「横浜かすうどん」
関西風出汁をベースに、厳選した素材からコクを味わいを加えた独自配合出汁
本場大阪の肉厚でジューシーな油かす、もちもちと程よい弾力の麺
本場関西のかすうどんを徹底的にリサーチし、関西風出汁の良さを活かしながら、
関東人にも合う出汁を研究、試行錯誤の末、考案された「横浜かすうどん」です。

これからは、menehuneも通うことになりそう。
いわゆる「鶴見系」と呼称される、関西風の出し汁の存在については、喧伝されるほどのものでもないし、そんなに数も多くはないと思う。

【2018年8月12日追記】
鶴見店のオープンは8月31日と張り紙されていました。




スポンサードリンク