menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

ミノルタのオールドレンズを入手(3)「山崎光学」で分解清掃の相談に乗ってもらう。


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20200818071049j:plain
「山崎光学」へレンズ清掃をお願いしてから5週間を過ぎても音沙汰がないため、工房へ電話連絡を入れました。やはり放置に近い扱いとなっていたようで、その後数日で仕上がりの連絡をいただき、ピックアップに伺いました。名の知れた工房に対し、素人が催促がましくて恐縮したが、臆していても進まない。

代金は振込として、宅配便で送ってもらう、という手もあったのだが、今後のこともあったので伺うこととし、応対してくれたご子息とやり取りさせていただいた。冒頭の件もあったのか、最初に提示された金額の2/3程度で上げていただいたのは助かりました。山崎翁との今回の約束事としてレンズの清掃のみを行い、グリスの入れ替えなどは行わないということだったので、そのあたりのお知恵を拝借しようと考えたのだ。つまり分解清掃の業者を紹介してくれませんかという。素人がネット検索を繰り返しあれこれ思案するよりも、そのほうが確実だろうと考えたからです。

〈MINOLTA MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5〉

こちらの希望と予算などを訊かれ正直なところを打診すると、山崎翁と内線電話でやり取りをしてくださった。ロッコールに強く、比較的低廉で仕事が正確な工房を紹介していただいた。同じくロッコールに強く高度なメンテナンスに対応した工房もあるそうだが値段も高額です、ということなのでそちらは見送りました。

帰宅後、紹介いただいた工房に早速電話を入れ、「山崎光学」さんの紹介であることを告げると、親切に相談に乗っていただいた。「開けてみないと判りませんが」という前提ではあったが、予想していた単価を下回る費用だったので、宅配便でレンズを発送しました。うまく運べば1週間程度で上がるという。

〈New MD 24mm F2.8〉は比較的きれいなのでレンズ清掃はパス。ただしヘリコイドが激重。〈MD ROKKOR 45mm F2〉〈MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5〉の2本は「山崎光学」さんでレンズ研磨・清掃済み。果たしてどんな回答・見積もりが返ってくるのか。

 次回が最終回です。

www.menehunephoto.net

 


スポンサードリンク