menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2019年、カナダグース(CANADA GOOSE)の真実をまとめておく。


スポンサードリンク

2019年、カナダグース(CANADA GOOSE)の真実をまとめておく。

公開しようとして、なあなあになっているうちに、〈カナダグース〉のフェイク(今日に始まったわけはないが)が、2019年初頭、NHKのニュースでも取り上げられるような事態となっているので、menehuneの経験をまとめてみた。

ショッキングなタイトルになってしまったが、日本で現在流通している〈カナダグース〉についてまとめておく。

menehuneが最初に購入したのはヤフオクで、しかも粗悪コピー(=上質コピーがあるということではない)が出回る前のことで、10年以上前のことだ。
VANCOUVER JACKET(バンクーバージャケット)に始まり、CONSTABLE PARKA(コンスタブルパーカ)、モントリオールヴェスト、ドライビングコート、M65トラベルジャケット、とかなり入れ込んだ記憶がある。

正規品かどうかを心配することもなく、当時の輸入元であるグリフィンインターナショナルのタグが付いたものを購入できた。
※2016年3月末に輸入総代理店契約が終了されるまで、同社の〈カナダグース〉製品の取り扱いは16年に及んだ。

コンスタブルパーカもベスト系も、カナダ本国仕様の「モコモコダウン」が奢られており、日本の、特に関東の平野部で着こなすには完全に「オーヴァースペック」だった。
銀座のSHIPSで買ったバンクーバージャケットは、東京のビジネスパーソンには荷が重すぎたのだ。
日本人に限らないとは思うが、ヒトは引っ掛けた外套をそうそう脱がないものである。
それは寒風吹き荒む屋外からバスや電車に乗ったときが顕著で、コート掛けの類も在来線の普通車両にはないものだから余計そうなる。

こうなると、〈カナダグース〉のダウンは着用者に牙を剥き、「あったか地獄」が待っているのだ。首筋や額から汗が滲むようになり、かといって、満員電車の中では容易に脱ぐこともできない。これがmenehuneのいうところの「オーヴァースペック」たる所以である。

筆者(menehune)が知るだけで、グリフィン時代だけでもダウンの量を減らす「日本仕様」のマイナーチェンジが数度行われている。所詮カナダと日本とでは環境が違いすぎるのだ。

そして、輸入総代理店が、2016年4月からにサザビーリーグに変わり、ダウンの量はさらに減り、販売価格はさらに値上がりするという状況となっている。価格のことは触れずにおくが、ダウンの量は目を疑うほど減らされているのが分かる。
それはここ2年くらいの〈カナダグース〉の爆発的ヒットにより、南極大陸のワッペンを付けた同社のジャケットを羽織る、特に女性が増えたことによるのだが、細身のシルエットはいかにダウンが日本向けに減らされているかが分かる。
※ネットで公式を訪ね、販売店を確認すること。再販制度並みに売価を譲らない「定価」的価格は、表現は正しくないが、とにかく正規の販売店を確認すること。それらは値崩れの状況を作らない。結果として、フェイクの跋扈が、日本でも通用する「ダウン」が流通している現状を生んでいるのかもしれない。

www.canadagoose.jp

輸入総代理店が、サザビーリーグに変わったのと時を同じくして、公式サイトのデザインも奇を衒ったものとなり、モデルの名称まで変えてしまう始末で、私としては少し敬遠気味なこの頃となっている。

現在手元に残っているものは、偶然にも2015年12月30日、京都駅ビル伊勢丹で購入した、グリフィン時代最後のモデルであるKAMLOOPS(カムループス)の日本向けモデルと、ヤフオクで落札したアーティクルワッペンなしのクルーベストだ。
※ワッペンがついていない件については、当時の状況からして、作りと縫製がサンプル品であるという確信がある。あえて、ワッペンがない品物を入手出来て満足している。それに、その品物は、真冬の室内で使う分には暖房がいらない、という利点も与えてくれるのだ。横浜限定だが。

大げさだが、これで残りの人生、最上のダウンは手に入れたので、もうよかろう。
流行とは異なる次元の質実剛健一生物を手に入れるとはこういうもの。

関東の平野部で、本当に〈カナダグース〉のダウンが活躍するのはせいぜい1月から2月の2ヶ月間程なのだ。使う期間が短ければ、材質が朽ちない限りモノは長持ちする。
東京の平均最低気温は1月で2度、2月が2.4度なのに対し、〈カナダグース〉の本社があるカナダのトロントの平均最低気温は1月が-6.7度、2月が-5.6度なんですね。
千駄ヶ谷の旗艦店にはマイナス10度の試着室があるそうですが、東京では、正直言って宝の持ち腐れです。


これは2012年2月に訪れた白川郷です。ここでは、コンスタブルパーカが大活躍した。
本来の使い道を証明した貴重な機会でした。

気軽に脱ぎ着ができない〈カナダグース〉のダウンは、日本のように生活のスケールが小さい地域にはそぐわないガジェットなのかもしれないけれど、それでも、横浜ではない寒いどこかへ旅する貴方をサポートする、ベストバイであることは間違いない。


スポンサードリンク