menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

昔の写真集を三脚とデジカメでデジタル化してみた。


スポンサードリンク

モノを実体で所有するというのは贅沢なことだと思うけれど、どうしても経年で朽ちていく運命なわけで、いくつか所有している昔の写真集もシミなどの経年による劣化が広がる前にデジカメでデジタル化してしまおうと思い立ったわけです。
A4判スキャナでは読み込めないB4判などの大きな写真集、特に見開きとなると、なかなか厳しいものがあるので、それならデジカメで撮ってしまおうと。

写真集を三脚とデジカメでデジタル化する久しぶりに三脚と雲台を引っ張り出し、直上から俯瞰で撮ってしまおうという作戦。



α99を制御するリモートコマンダー

撮影に用いるSONY α99の露出とピント、シャッターを制御するのはミノルタ時代からの汎用リモートレリーズ〈RC-1000〉です。半押しでピン合わせと露出を判断し、全押しでレリーズします。
SONYのAシリーズでは歴代のモデルに対応しています。α99IIでも対応。
Eシリーズでは使用できません。

写真集を三脚とデジカメでデジタル化する

マンフロットのこのモデルの三脚はアームを横置きにセッティングして、俯瞰撮影ができます。α99は、自由な撮影ポジションで撮影できる3軸チルト液晶モニターが装備されているので、縦横のグリッド線を表示させて、誌面と雲台を微妙に位置決めして確認しながら撮影できます。ポジションが決まれば、あとはひたすらリモートレリーズでシャッターを切っていくだけです。
RAWで撮影して、現像ソフトで調整すると、オート任せで驚くほどきれいに仕上がります。

デジタル化する昔の写真集
こうしてデジタル化してしまえば、もう思い残すことはありません。ありがとう。新しいオーナーの下で役に立ってね。処分する踏ん切りもつくというものです。
暇を見つけて、作業を進めていこうと思います。

別冊BIG GORO


スポンサードリンク