menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

小田原のランチで使えるトラットリア7件を紹介・その2


スポンサードリンク

lunch de odawara

小田原駅周辺には話題の蕎麦、老舗中華など、美味しいお店が町の規模の割には多い気がします。そんな箱根の玄関口、小田原のおすすめトラットリアをご紹介する回、その2です。

レプス座 八起(やおき)

レプス座 八起(やおき)外観

小田原駅東口から交番方面へ歩いて5分ほどの〈おだわら市民交流センターUMECO・ウメコ〉にテナントの形で入居しています。厳密には町の定食屋さん、という体なのでトラットリアではありません。

レプス座 八起(やおき)のランチサラダ

パスタランチにはサラダとスープが付きます。案外こういう普通のコンソメスープがありがたいのです。

レプス座 八起(やおき)のスープパスタ

クラムチャウダースープスパゲティ950円。魚介と鮭の身、そして温野菜がゴロゴロ入った変則ものだが、温まります。

レプス座 八起(やおき)の小田原酒盗のパスタ

小田原酒盗のパスタ850円 大盛り150円。サラダ、スープ付き。イカの塩辛を細かく砕いたソースでパスタを和えています。こちらは、小田原らしい海鮮物も得意のようです。

レプス座 八起(やおき)のメニュー

本当に町のレストランですけれど、比較的安くあげられる利点もあります。いつ行ってもそれほど混んでいないのが不思議です。パスタ以外のものを食したい方と連れ立っていくなら選択の幅も広がりますね。


レプス座 八起(やおき)
〈住所〉神奈川県小田原市栄栄町1-1-27
〈電話〉0465-20-3406
〈公式サイト〉https://www.sankou2005.jp/
https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14061534/




イル バーチョ (IL BACIO)

イル バーチョ (IL BACIO)外観

 小田原駅東口から錦通り商店街を進み、右手に〈ドン・キホーテ〉が見えてきて、その同じビルの片隅に入居しています。ここにパン屋があるのは知っていて、買ったこともありますが、パスタランチをやっていることは全く知りませんでした。UICO(小田原イタリア料理組合)の会員であり、改めてその存在を知ったという訳です。

イル バーチョ 冷製トマトスープとバゲット付き。

ランチパスタは、唐辛子のアクセントをつけた冷製トマトスープとバゲット付き。

小田原イル バーチョ のパスタ

ローズマリー風味のペスカトーレは、アサリ、エビ、イカの具をアンチョビで整えたソースが抜群に美味い。
1100円プラス税。惜しむべきは、パスタランチのメニューに具体的な紹介がテキストでないのです。こちらはパン屋を兼ねるためか会計は前払いとなります。そのとき給仕の女性から具体的なパスタの名称を告げられる(1種類のみ)のだが、どうしても会計中に忘れてしまう。イートインスペースは2人がけのテーブル席が4つ。カウンター席が5脚ほど。もっと積極的にアピールすべきじゃないかと思います。


イル バーチョ (IL BACIO)
〈住所〉神奈川県小田原市栄町2-8-12
〈電話〉0465-22-8110
〈公式サイト〉http://ilbacio.favy.jp/
https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14058491/




アルカレート(ALCARETO)

アルカレート(ALCARETO)外観

小田原から大雄山線に乗って、五百羅漢駅から徒歩5分ほどでお店に着きます。アルカレート (ALCARETO)もUICO会員です。

アルカレート (ALCARETO)店内

平日ランチの客層は有閑マダムと勤め人。土建関係のユニフォームを纏いトラックで乗り付けるお客もいます。隣のテナントが花屋さんだからでしょう。店内も華やかです。
お店は結構広いです。4人掛けテーブルが4つ。カウンターも5席ほど。
店内にはお店で出しているパスタ数種類が袋詰めされた状態でディスプレーされていて、おそらく買うことも可能なのでしょう。

アルカレート (ALCARETO)のランチサラダ

パスタランチは季節のサラダとフォッカチャ付き 1,300円。大盛り1.5倍でプラス300円。アイスコーヒー200円。
フォッカチャは大ぶりで、ニンニクとトマトのパンチが効いた味です。

アルカレート (ALCARETO)のペンネ

ペンネ 豚スネ肉のたっぷり玉葱煮込み。ソースが若干甘口なのは確認しておくべきでした。それから、ペンネをロングパスタのようにソースとまんべんなく和えていないため、ペンネ自体にソースが絡んでいない箇所が生まれます。

ペンネ 豚スネ肉のたっぷり玉葱煮込み。食べるときに、ソースへの馴染ませが弱いと、小麦粉の味をもろに感じてしまうので注意かもしれません。今回、menehuneも久しぶりにペンネを食したので、気づかないミスでした。大盛りはロングパスタを選んだ方が正解かもしれません。

五百羅漢駅から歩いて5分ほどだが、ロードサイド店のため、パーキングも余裕がある仕様です。


 アルカレート (ALCARETO)
〈住所〉神奈川県小田原市多古329-1
〈電話〉0465-44-4693
〈公式サイト〉https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Italian-Restaurant/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88Alcareto%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%96%99%E7%90%86%E5%BA%97-1481897688691022/
https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14042580/


美味しいお店があったら、適宜追加しますね。
その1の記事はこちらです。

www.menehunephoto.net




スポンサードリンク