menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

ダイワロイネットホテル京都四条烏丸に泊まってみた。


スポンサードリンク

ダイワロイネットホテル烏丸四条

宿泊日 2019年11月
ホテル名称 ダイワロイネットホテル京都四条烏丸
開業 2012年4月
URL

https://www.daiwaroynet.jp/kyoto-shijo/

住所 京都府京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町678
電話番号 075-342-1166
部屋番号 829
客室グレード スタンダードダブル
客室面積 18.1平米
Pの字レイアウト
ベッドサイズ 154×203
客室スリッパ 〇ウォッシャブルタイプ

ダイワロイネットホテル烏丸四条 2泊しました。平日とはいえ、一泊8,000円未満で喫煙部屋を手配できたのは幸運。
地下鉄烏丸線の「四条」駅から至近なのも便利。とはいえ、この辺りは新規オープンラッシュの激戦区なのです。

ダイワロイネットホテル烏丸四条 正面から入って一番奥のカウンターでチェックイン。宿泊シートに記入した後、カードキーが発行されます。その後、フロント左にある精算機にカードキーを入れ、事前会計を済ませる仕組み。

ダイワロイネットホテル烏丸四条 ロビー周りのスタッフの動きもいいですね。3基あるエレベーターがチェックイン客で行列ができている時間帯でも、イラついている私に寄ってきて、「お待たせしております」というフォローを入れてくれます。自ずとこちらも「外国人客が多いんですね」と和みます。フロントで発行されたカードキーをエレベーター脇の読み取りスリットに差し込まないと作動しないようになっています。エレベーター内部のリーダーに読ませる方式とは異なります。よってゲストの誰かがキーを挿入してくれれば希望の階までは上がることができます。もちろんカードキーがないと部屋には入れませんが。

宿泊階はたまたま自販機コーナーがあったので覗いてみましたが、料金はコンビニより10円ほど高いけど、良心的。アルコール類も豊富です。自販機コーナーには電子レンジもあります。コンビニ弁当の温めに対応しています!

ダイワロイネットホテル烏丸四条ごく一般的なPの字レイアウトの客室です。

ダイワロイネットホテル烏丸四条スタンダードダブル、喫煙部屋。ミニマムな設備ですが値段なりですね。ナノイーの動きはよくないけれど、タバコが吸えるなら仕方ないか。部屋は相当タバコ臭いです。
比較的新しいとはいえ、7年経ってますからね。対策らしい対策はしていない模様です。北側に面した窓からは8階とはいえ眺望はほぼ望めません。

ダイワロイネットホテル烏丸四条ホテルのWi-Fiはパスワードなしのものと、携帯電話の画面ミラーリングを利用して部屋のTV画面に映し出すためのSSIDがあります。接続方法はTVのコンソール画面に載っています。試してみたけれど、面倒なのでやめました。
ネット自体は普通につながります。http:// のサイトでも問題なく見られます。

ダイワロイネットホテル烏丸四条

ユニットバスは明るい照明で洗面台は水を貯めることができるタイプです。浴槽は標準的な狭さです。寝室のくたびれ具合と比して、浴室はまだまだきれいです。

ダイワロイネットホテル烏丸四条アメニティも問屋から既製品を仕入れてただ置く、というより、工夫の跡が垣間見えます。宿泊人数ではなく、部屋の定員で備品を用意してくれるのも、エコではないですが、ありがたい点です。ダブルの定員は2名なので、このようになります。

ダイワロイネットホテル烏丸四条こんな歯磨きのチューブ、初めて見ましたよ。

今回利用はしませんでしたが、ホテルの1階にはブッフェ形式で朝食を提供する〈あぶり杬之蔵〉というお店があります。朝7時から10時まで。大人1,200円で、ホテルのフロントで販売しています。比較的外国人利用者を含め、混んでいたので利用しませんでしたが、安近短で済ませたいなら選択肢の一つでしょう。

喫煙ルームが比較的低料金で手配できる貴重なホテルかもしれません。











スポンサードリンク