menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

オリエンタルホテル京都六条に泊まってみた。気になる点と良かった点。


スポンサードリンク

オリエンタルホテル京都六条

宿泊日 2019年12月
ホテル名称 オリエンタルホテル京都六条
開業 2019年11月
URL

https://kyotorokujo.oriental-hotels.com/

住所 京都市下京区油小路通六条上るト味金仏町181
電話番号 075-343-8111
部屋番号 323
客室グレード スーペリアキング
客室面積 18.6平米
Pの字レイアウト
ベッドサイズ 180×195
客室スリッパ

△使い捨てタイプ

2019年11月1日にオープンしたての〈オリエンタルホテル京都六条〉に泊まってみました。180センチ幅のキングサイズベッドで、朝食付き。これで1.4万円台なら、紅葉のこの時期、許せる範囲ですが、客室面積が19平米に満たないという点は最初から気になっていました。ここでは〈オリエンタルホテル京都六条〉の気になった点、良かったポイントをまとめておきます。

オリエンタルホテル京都六条〈オリエンタルホテル京都六条〉はユニバーサルルームがあるから、バリアフリー化はされているはずですが、ホテルのエントランスは階段なので、車いす用のスロープ等が別途用意されているかはホテルに確認してください。
ラウンジ、レストラン、ショップとフロントが機能的にレイアウトされているロビー周りのデザインは照明プランもあいまって魅力的です。

オリエンタルホテル京都六条
商業施設を多く手掛けたデザイナーが携わっているんだろうと想像しました。しかしホテル客室の経験はないのでしょうか。どうもこのホテルの部屋は、ホテルのなんたるかを知らない人間が設計したのでは? と思わざるを得ない印象を多く持ちました。とてももったいないです。法規上の制限があるのかもしれませんが、あの中庭を潰せば、もっと客室面積を余裕を持って設計できたのにと素人ながら思います。ここで事業者側の理屈は通用しないことをもう一度考えていただきたい。

オリエンタルホテル京都六条
外廊下の照明は寒色系に寄せていて、オフィスビルのようですが、これはこれで好印象です。照明を落とした薄暗い廊下のホテルよりはよほどましです。

オリエンタルホテル京都六条客室面積が19平米に満たないという嫌な予感は残念ながら的中しました。ベッドの大きさの割に狭い〈オリエンタルホテル京都六条〉の客室。画像のように客室入口からベッドが見切れていますね。しかも目が合う形で。これではベッドを上手く隠すはずの「Pの字レイアウト」のメリットが生かせません。また、バッグを部屋まで運んでおいてくれたのはいいのですが、部屋にはバゲッジラックがありません。
入ってすぐ右の凹みがクローゼットかと思いきや、中途半端な棚構造になっています。画像には映っていませんが、最下段に冷蔵庫、2段目に金庫が配置されています。そして最上部が中途半端なハイトになっています。何が置かれるでもなく、ハンガーパイプもありません。寝巻と使い捨てスリッパ、靴へらが置いてあるだけです。なんてもったいない設計でしょう。

オリエンタルホテル京都六条いくつか〈オリエンタルホテル京都六条〉の気になる点を挙げると、

1)使い捨てスリッパなのはいいのだが、素材をケチりすぎ。甲の生地が薄すぎて足入れがうまくできない。
2)バッグなどの荷物を置く折りたたみ式の「バゲッジラック」もしくは荷物台がない。装備されていても公式サイトの「客室装備」では省かれていることも多い「あれ」があると無いとでは、荷物仕分けの手間がだいぶ変わってくる。
3)入り口からベッドが見えてしまう。これではPの字レイアウト評価で丸は付きません。プライバシーの管理が不十分です。ベッドの向きを右奥枕にはできなかったのでしょうか。

バゲッジラック
4)ベッドが広いだけ? 狭すぎる〈オリエンタルホテル京都六条〉のユニットバス。全く解せません。これはスーペリアキングの部屋なのです。浴槽だってキングサイズでいいのに、外寸120×72センチ、有効尺100×58センチ。なんて狭い浴槽なんでしょう。もちろん洗い場などは望むべくもありません。このクラスならトイレと浴室の別室は標準になりつつあります。アメニティもビジネスホテル以上ものはありません。タオル類も生地が薄めで、安っぽい感じが漂います。浴槽に手すりがある点は評価できますね。

オリエンタルホテル京都六条ユニットバス内の換気扇の強弱切り替えができる点は他では見ない美点ですね。

オリエンタルホテル京都六条5)前述のとおり、入り口わきのクローゼットスペースが中途半端にデッドスペースとなっているため、だからといって、姿見の鏡の前に衣紋掛けってどうなんでしょう。ちょっと、設計思想が理解できません。入口右側のスペースをどう使って欲しいのか、という提案もありません。ここにパジャマを置くならベッドの上に放っておいて、クローゼット、もしくはティーセット置き場にすればよかったんです。使い捨てスリッパは床直置きでいいでしょう。客室面積の狭さの割にベッドを占める面積が大きすぎるため、こんなところにしわ寄せが来ています。

オリエンタルホテル京都六条6)何が面倒って、ベッドが窓と垂直に、かつ密接してレイアウトされているため、非常にカーテンの開け閉めが面倒です。これもベッドの向きを変えれば解決しそうです。しかも見えるのは、気を遣ったように見えて、もったいない中庭と向かいの客室。わずかでも窓が開くのは美点ですが、こんな設計者を起用したことを、事業者は深く反省すべきでしょう。

オリエンタルホテル京都六条7)この狭さゆえ、当然、ライティングデスク/チェアはありません。置けるわけがありません。ないならないで、客室の見取り図を公式サイトに載せてくれれば、その時点で選択の対象から外すので、ゲストも事業者も嫌な思いをしなくても済むわけです。意外と見過ごされがちな点が、このライティングデスクは物置の機能を包含しているという点です。什器や冷蔵庫もです。ブログ管理人menehuneで例えるなら、身の回りの小物やカメラを置いておくことができますし、バッテリーの充電もデスク上で行えます。もちろんネット閲覧や物書きも。

オリエンタルホテル京都六条これらがベッド脇のコンソールで代用されると、充電しかできません。

オリエンタルホテル京都六条とにかくベッドと客室面積のバランスが良くないせいで、こんなところにも皺寄せが。
ティッシュボックスがこんなところに収納されています。本来この手のキャビネットの最下段に冷蔵庫が収まるはずなのに、ドライヤーと充電ケーブが。茶器の棚もスライドレール式ではないため、少し不安ですね。

オリエンタルホテル京都六条このキャビネットの天板をテーブルとして利用するしかありません。床に置かれたキャリーバッグが悲しいです。商業系のデザイナーが宿泊系にトライして大いに滑ったという印象。でなければ、こんな設計はしないでしょう。そして問題はこの設計を許した施主にもあるでしょう。

オリエンタルホテル京都六条8)〈オリエンタルホテル京都六条〉の朝食ブッフェは食券ではなく、部屋番号と名前を申請すればOK。和食中心のメニューで洋食の肉類はソーセージだけ。焼き魚もよくある鮭や鯖ではなくシシャモです。南禅寺の〈服部〉の豆腐を使った湯豆腐や豊富な漬物類は好印象ですね。ご飯は炊き方の問題なのか、ねっとりしているが悪くない。味噌汁は甘い味噌で最初は戸惑うがこれも悪くないです。

オリエンタルホテル京都六条制作会社が朝食のブツ撮りなどをしていたので、本当にこれからなんでしょうね、このホテル。「お客様の声(アンケート用紙)」や便箋類(最近はないホテルも多いが)、「利用者向けのしおり(宿泊約款)」などの備品も確認できませんでした。TVモニターで約款を確認できる仕様かもしれませんが未確認です。

オリエンタルホテル京都六条

〈オリエンタルホテル京都六条〉はせっかく新しいホテルなのに、様々な要素でバランスが取れていないです。今更部屋の広さを変更するわけにもいかないでしょうから、大胆な経営判断が必要かもしれません。〈オリエンタルホテル京都六条〉へは、JR京都駅から西本願寺を目指すイメージでのんびり歩いても20分はかかりません。TAXIは便利ですが、ホテル前の「油小路通り」は南から北へ上がる一方通行なので、道を間違えると大変です。




スポンサードリンク