menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

新年のご挨拶。VG-C3EMとマウントアダプターを追加導入しました。


スポンサードリンク

ILCE-7M3とMINOLTA AF17-35 F3.5Gをアダプターで

2020年。おめでとうございます。
本年も公私ともにしっかりやっていければと思います。拙ブログをよろしくお願いします。

暮れの撮影で、縦位置ポジションでの撮影に難儀したので、この暮れ、SONY α7III(ILCE-7M3)用の縦位置グリップ〈VG-C3EM〉を今更ながら導入しました。
ついでに、〈K&F Concept〉のマウントアダプター〈Minolta MAFレンズ-SONY NEX〉も購入しました。ミノルタソニー製のAFレンズをEマウントに変換できます。
menehuneが購入した個体は、ボディ側、レンズ側ともに問題なく装脱着できました。

 

ILCE-7M3とMINOLTA AF17-35 F3.5Gをアダプターで

もちろんフォーカスはマニュアルです。そして絞りですが、レンズ側には絞りリングが備わっていないため、また、当然カメラ側での制御もできませんから、このアダプターには絞りリングが実装されています。往年のミノルタスタイルで、左端が開放、左に回すほどF値が大きくなります。Aモードのファインダーで覗いてみると、絞りリングを回すほど、シャッタースピードが遅くなっていくのが判ります。
〈MINOLTA AF17-35 F3.5G〉がごつく見えますね。

ILCE-7M3とMINOLTA AF100 F2をアダプターで

〈MINOLTA AF100 F2〉が200mm系の望遠レンズに見えてしまう、バランスですね。
今年はこのアダプターで、menehuneが所有しているAマウントのレンズ群を、α7IIIで撮ってみようと思います。〈VG-C3EM〉のインプレも遅ればせながら書きます。

 

 




スポンサードリンク