menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

JR川崎駅近くの桜並木を、今年も襲う葛の蔓。去年の行動は実らず。


スポンサードリンク

JR川崎駅近くの桜並木を襲った異変について、川崎市JR東日本に話を聞いてもらった件について今年の3月、記事を書きましたが、梅雨入りし、街中で今年も「葛(くず)」の蔓の勢いを目にするようになりました。その時のエントリはこれです。

www.menehunephoto.net

再び桜を侵食する葛の蔓
2020年6月18日、現場に足を運ぶと、何も変わらない状況がありました。先のエントリには、2020年4月、桜のころの模様を追記しましたが、あのころから着手しないと、この景観被害への対策は間に合わなかったでしょう。

再び桜を侵食する葛の蔓

 

再び桜を侵食する葛の蔓今年もJR東日本の敷地から越境した葛が、桜の木を伝って伸びてきています。

再び桜を侵食する葛の蔓
彼らが対策を施すなら、こうなる前から葛の若芽を摘んでいく必要がありました。

再び桜を侵食する葛の蔓
まだかろうじて対策は間に合うかもしれませんが、このまま梅雨明けすると、もう無理です。コロナ騒動のせいではないんでしょうね。変えようとする気がないのでしょう。

再び桜を侵食する葛の蔓このまま夏を迎えれば昨年以上の被害が出るでしょうね。そして来年の春先、今年と同じように葛の蔓ごと桜の枝が伐採され、更に樹勢は衰えることでしょう。責任の割合はJRが7:川崎市が3とmenehuneは思っていますが、声を上げない利用者や市民もなんだかなあ、という気がします。


スポンサードリンク