menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉でプチ海外体験。


スポンサードリンク

1980年代のYC&AC横浜の〈YC&CA〉という施設にある、〈Mollison’s〉というレストランをご存じですか? 訪問する機会に恵まれたなら、一度は足を運ぶ価値のあるレストランです。この夏、足を運び、レストランの様子と提供される料理を味わってきました。

現在のYC&ACYC&CA(横浜カントリー&アスレチッククラブ)は、スコットランド人のモリソン(James Pender Mollison)が、1868年に創設したYCC(横浜クリケットクラブ)がきっかけとなり、その後、第一次世界大戦関東大震災第二次世界大戦をくぐり抜けてきた、横浜市中区矢口台の丘の上に広大な敷地を持つスポーツクラブです。

YC&ACエントランス〈レストラン・モリソンズ〉はこの開祖者のモリソンの名を冠したレストランとして、メンバーのためのクラブハウスで営業していますが、2020年9月現在の情報として、平日の月曜日のみ、メンバー以外の部外者も利用できます。※メンバーのアテンドがあれば随時利用できます。

YC&ACエントランスYC&CAへのアクセスは、JR根岸線の「山手」駅から徒歩15分ほどなのだけれど、それなりの急な坂道、もしくは階段を登っていくルートです。陽気のいい頃なら軽い散歩のようなものですが、暑い盛りは止めた方がいいでしょう。レストランにたどり着くころには汗まみれになるかもしれないからです。山手駅からタクシーを利用すればワンメーターの500円で収まりますので、ここでの無理はお勧めしません。

レストランに通じる通路まず受付を済ませます。正面入口から入って90度左を向くと、レセプションがあるので、レストランを利用する旨伝えます。ここでの公用語は英語。でも、もちろん日本語も通じます。英語に自信があるなら、トレーニング込みで話して見るのもいいでしょう。受付用紙には利用する人間の氏名をアルファベットで記入し、利用箇所のレストラン欄にチェックを入れます。そしてトリガー型の体温計をセルフで額に額に当て体温計測を行います。結果をスタッフに見せ、これも受付用紙に記入します。最後に連絡用の電話番号を記入。これで終了です。

案内などはされないので、自身で建物の奥に進んでいくと、通路左側にレストラン〈Mollison‘s〉が見えてきます。※画像は反対側から撮影したもの

 

メニューも英語表記のみです。レストランのスタッフはバイリンガルなので安心してください。まず、メンバーかどうか訊かれます。メニューにも記載がありますが、メンバーと非メンバーでは価格が異なります。ここは仕方がないでしょう。

 

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉店内
店内はテーブルの間隔も余裕があり、市井のファミレスで感じるような狭苦しさを全く感じません。

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉店内客層はハングルを話す有閑マダム3人組とか、地元サラリーマン風の二人組。上司と思しき方はビールを昼間から煽りつつ、クラブハウスサンドを頬張っている。家族と思しき日本人女性の3人組など。

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉店内テラス席の向こうにはスポーツに興じるためのフィールドが望めます。
 

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉店内週末はクラブメンバー向けの朝食の提供もあるようです。スタッフはクラブメンバーではないmenehuneのような者に対しても、フレンドリーかつジェントルに接してくれ、気持ちいです。

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉のテラス席YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉のテラス席です。ちょっとしたリゾートホテルのようですね。

クラブハウスサンドウィッチ 1,500円
アイスコーヒー 350円 

 クラブハウスサンドウィッチは成人男子ならちょうどいいボリュームで満足。具沢山で美味しいです。

 

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉今週のスペシャル
「今週のスペシャル」が描かれた黒板を眺めていたのを目敏く察したイケメンフロアマンがタブレットを持参してテーブルに近づき、おもむろに跪いたのには少しびっくりしたが、タブレットには「今週のスペシャル」そのA)とそのB)を画像で見せてくれる為だった。気が利いた仕組みですね。ちなみに今週のスペシャル=WEEKLY  SPECIALSのA)はローストダックと日本蕎麦のガーリック醤油ソース添え。B)はツナ・ステーキのバルサミコ酢とガーリック醤油ソース添え。

スープかサラダを選び、ライスかパンかを選ぶ。軽い気持ちで、じゃあB)でとオーダーしたは良いが、ノンメンバー価格1,800円なのに、早く気づくべきだった。メンバーなら1,450円。

ツナ・ステーキのバルサミコ酢とガーリック醤油ソース添えWEEKLY SPECIAL B) 1,800円
アイスコーヒー 350円 

マグロのステーキなど、普段口にしないものだけれど、盛り付けもキュイジーヌみたいで美しいし、普通に美味しい。ライスの量が殊の外少なかったのには驚いたが、これで1,800円かという印象はぬぐえず、コスパは良くないですね。

レストラン〈Mollison’s〉のパワーサラダ
パワーサラダはレタス、キュウリ、パプリカ、トマトなどのサラダ素材に、チキン胸肉とクルミ、雑穀、豆類、リンゴがブレンドされたもの。アスレチッククラブらしいメニューです。ハーフサイズが700円だけれど、十分なボリュームです。むしろフルサイズで頼んでいたら食べきれなかったと思う。


ポモドーロは旨味の詰まったトマトソースが抜群に旨く、きちんと粘る粉チーズとのマッチングもマル。恐らく麺は100g。1,000円。


単純そうに見えて、なかなか美味く作れないのがポモドーロなどのトマトソースパスタ。素直に尊敬します。


テイクアウトに対応しているメニューもあります。今日はテイクアウトでハンバーガーwithチーズをオーダー。1,500円プラス、チーズが100円。

220gのパティは食べ応え十分。十分な量のナプキンと、ケチャップ・マスタードがついてきます。

YA&CAのレストラン〈Mollison’s〉は、レシートも英語です。こうして記事を書くにも役立ちます。ここまで書いてきたメニューの価格はすべて税別です。会計時に10%の消費税が加算されます(2020年9月現在)。チップの習慣があるかは訊かなかったけれど、普通に現金のやり取りができます。

クラブメンバーになるのが一番なんだろうけど、日本に居ながらにして、ちょっとした海外体験ができる〈YA&CA〉のレストラン〈Mollison’s〉は、ビジターとして尋ねる価値はあるでしょう。

 

ycac.jpYA&CA・レストラン〈Mollison’s〉モリソンズ
〒231-0831 神奈川県横浜市中区矢口台11-1
電話:045-623-8121


スポンサードリンク