menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

【川崎】ホテル縁道(えんみち)のデイユースを利用してみた。


スポンサードリンク

ホテル縁道外観

利用日

2021年2月
ホテル名称 東海道 川崎宿 縁道 ホテル縁道(えんみち)
開業 2020年8月
URL

https://en-michi.jp/

住所 神奈川県川崎市川崎区宮本町2-25
電話番号 044-589-5858
部屋番号 504(北)/311(南)
客室グレード セミダブルルーム
客室面積 13平米
Pの字レイアウト

ベッドサイズ 140×195
客室スリッパ

×畳敷きサンダル

 少しまとめておきたい案件があり、2020年8月、川崎で開業した〈ホテル縁道(えんみち)〉のデイユースを2日間にわたって利用しました。3時間で税込2,100円というプランも魅力的でしたから。

 

ホテル縁道は東海道川崎宿をコンセプトにしており、かつて旅人が東海道から稲毛神社に向かう参道であった場所に位置しています。画面の一番奥に鳥居が見えますよね。通りを経だてた向かいは建て替え中の川崎市役所の工事現場です。

 

川崎市新庁舎は、2020年に竣工した横浜市役所新庁舎を意識したかのように高層化され、地上25階建て、2022年度中に竣工予定だそうです。この計画がホテル縁道にも影響を与えます。後で言及しますね。

ファサードは大胆なデザインだとは思いますが、このセットバックには疑問を抱きます。緊急時の駐車スペースでしょうか。暖簾がかかった、南側に面した自動ドアが開くとすぐ目の前がフロントです。江戸の往時の店舗を意識したデザインかもしれませんが、雨風をしのぐ天蓋はありません。

 

(現状は)明るく開放的なフロントですが、風除室やマーキーがないため、強風(暴風)時はフロントは大変なことになるのではないでしょうか。少し心配になります。
今後の台風シーズンに向け、何らかの対策(されているとは思いますが)が必要でしょう。多分正面以外の出入口があるのでしょうね。

フロントの右奥には食堂があります。魅力的な価格でランチが提供されていました。今回は利用しませんでしたが、次回試してみたいですね。フロントのスタッフは自然な笑顔で好印象です。

f:id:sepyas:20210222164055j:plainフロント脇には客室にも備えてあるドリップコーヒーとほうじ茶のティーバッグがここにもあってフリーにピックアップできます。かつ客室には備えていない紅茶のティーバッグもあったりします。お菓子の類も提供されています。

 

f:id:sepyas:20210222164112j:plainフロント脇のエレベーターホールには巨大な金魚のイラストが。その奥にはユニバーサル利用のトイレがあります。

f:id:sepyas:20210222164124j:plain自販機スペースには電子レンジが備えられています。ドリンクの価格はほぼ市井と同じ。アルコール類の有無は確認できませんでした。

 

初日に通されたのは北側に面した客室。セミダブルルームは13平米ですが、140センチ幅のベッドが収まる部屋にしては必要にして十分な狭さで、客室数を誇る某ホテルのような閉塞感は感じません。無駄なくコンパクトにまとまられたレイアウトの成果でしょう。公式サイトに客室レイアウトの図面が載っているのも誠実さを感じます。

 

こちらは二日目に通された南側の客室です。実は2日目はチェックイン時に南側の部屋の希望を出しました。同じ時間帯の利用で同じ晴れでも差し込む光量は段違いです。京浜工業地帯をモチーフにした壁のイラストは共通ですかね。
また同じセミダブルでも、南北で客室レイアウトが異なことも判明しました。
ベッドメイクはデュベなのはいいけれど、サイドの巻き込みがきつく、引っ張り出すのに一苦労。

f:id:sepyas:20210222172624j:plain狭いながらも客室は「P」の字レイアウトの法則に則りレイアウトされています。またそうであることを事前に公式サイトで確認できます。

f:id:sepyas:20210222164208j:plain狭さゆえ、クローゼットはなく、壁面のラックを利用します。バゲッジラックはありません。しかるべき場所に姿見も配されています。
二つを比べると、長細いソファを物置代わりに使える南側(ソファのある)の部屋が有利かもしれません。しかしその分北側の部屋はデスク回りに若干の余裕があります。

f:id:sepyas:20210222164130j:plain客室の備品は同じ2名定員のセミダブルルームでも、1名利用なのか2名利用なのかにより、アメニティ数を差配しているようです。初日の部屋はタオルも2組、アメニティも2組用意されていました。ほうじ茶とドリップコーヒーも2包づつ、もちろんミルクパウダーと砂糖も2包づつ、更に冷蔵庫にはミネラルウォーターまで2本用意してありましたが、2日目の部屋はそれぞれ1組でした。

 

f:id:sepyas:20210222164136j:plain室内用で畳敷のサンダルが用意されています。使い捨てでもウォッシャブルでもありません。こればかりは気になる方も多いのではないかしら。しかもワイズが狭く、足の大きな人には不向きです。使い捨てもしくはマイスリッパを持参したほうがいいかもしれません。

f:id:sepyas:20210222164202j:plainユニットバスは混合栓なのはいいのですが、いわゆる従来型のワンルームの狭さで成人男性が浸かるにはキツイです。浴槽壁面に手すりがないのも若干の不安があります。
温水洗浄付き便座は着座すると前面にほぼ余裕はありません。
しかし、この提供価格でカビひとつない清潔な浴室と140センチ幅のベッドを利用できるデイユースプランは非常に魅力的です。

f:id:sepyas:20210222164239j:plain持ち込むデバイスによっては窮屈かもしれませんが、ACとUSBによる給電口を備えたライティングデスクの使い勝手は悪くありません。Wi-Fiも快適で調べもの、書きものも捗りますね。全室禁煙ですが、日中はタバコを吸わないmenehune的にも何ら問題はありません。これが宿泊でお酒が入ると事情は変わってくるのですが。

 

f:id:sepyas:20210222164156j:plainライティングチェアの素材はクロスですので、経年でみすぼらしくなるでしょうから、敷物を工面したい向きもいるでしょう。これはクロス張りのソファも同じですね。

f:id:sepyas:20210222164214j:plain各部屋にはAmazonが開発したAIアシスタント、〈アレクサ〉が配備されていて、時計代わり、そしてフロントの会話もこのデバイスで行います。客室にあるはずのWi-FiのPWが書かれたインフォメーションが見当たらなかったので、フロントとやり取りを行ないましたが、マニュアル通りの操作で問題なく利用できました。次回は曲でもかけてみようかしら。このベッドサイドにもACとUSB端子が備わっています。

f:id:sepyas:20210226180016j:plain「アレクサ! aikoの曲かけて!」と語りかけると、Amazon Musicから適当にピックアップして曲を流してくれる。デフォルトではミニマムな音量なので、ボリュームアップと別途指示を出す必要があります。

 

f:id:sepyas:20210222164233j:plain客室窓はストッパー付きの縦すべり出し窓で換気ができるようになっています。
このホテルは南北に客室が分かれているので、日中のデイユースなら南側の方が陽が射すし明るいです。南側の明るい部屋のリクエストを出すのもいいでしょう。しかし、冒頭に書いた通り、2021年2月現在、南側の通り向こうは川崎市役所の建て替えが初期段階なのでこの恩恵に与れているわけで、11階建てのホテルの前に25階建ての市庁舎が建つのですから、工事が進むと南側の条件も北側とさほど変わらなくなることが予測できます。

 

f:id:sepyas:20210222164149j:plain
川崎駅周辺の新しいホテルはJR系の高価なもので、デイユース料金も高めです。その他のホテルは経年でくたびれた物件が多く、ちょっと利用をためらうのですが、ここ〈ホテル縁道〉は立地的にも少し隠れ家的な穴場感があります。この清潔感でこのコスパなら足げに利用したくなっても不思議ではありません。

 

f:id:sepyas:20210223155554j:plain最後に食堂の案内を載せておきます。デイユースは朝8時からスタートできるので、3時間のデイユース後食堂でランチ、という行動もできますよ。


スポンサードリンク