menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

ニューバランスの公式修理・交換サービス〈シューズリペアサービス〉で、ソールとライニングの交換をしてもらいました。


スポンサードリンク

f:id:sepyas:20210410133240j:plainスニーカーのソールや履き口の交換を行うサービスがあります。menehuneは、何足か所有する〈New Balanceニューバランス〉のスニーカーを修理に出そう出そうと思いながら、何年も時を重ねてきました。踏ん切りがつかないですよね、かななか。
原因の一つは見積り額が結構高価なことです。〈ループウィラーのスウェット〉の頁でも書きましたが、下手すれば新品が買える額なんですよね。

shop.newbalance.jp
じゃあ、日本のニューバランスでは、いくらで修理をしてくれるのか。と思い立ち、問い合わせてみました。2020年4月現在、〈New Balanceニューバランス〉の公式サイトでは、オンライン上での問い合わせは行っていないようです。すこし探しても、フォームの類はありませんでした。電話による問い合わせ窓口があり、そこで修理の可否を相談することになります。「可否」と書きましたが、実は修理を受け付けてもらえないモデルがあります。

f:id:sepyas:20210410121641j:plain修理の件を伝えると、〈New Balance〉のオペレーターからモデル名を訊かれます。まず、〈574〉は修理対象外です。履きつぶすしかない宿命を背負わされたモデルです。販売価格帯が1万円前後であることが多く、〈574〉のような大衆的なモデルは、修理対象外モデルのとなります。2020年4月現在の修理対象は、上の画像を参照されてください。

https://shop.newbalance.jp/user_data/packages/support/repair_list.pdf

ニューバランスの公式サイトで、2020年10月現在の修理対象リストがPDFで公開されていますね。

f:id:sepyas:20210409122024j:plain次に〈New Balance〉のオペレーターに告げたのは〈M1300〉でした。こちらはモデルによって修理の可否判断が分かれるとのことで、タン(ベロ)裏側のモデル名を確認してほしいそうです。例えば、〈M1300JP2〉とか、〈M1300CL〉とあるものは修理可能なんだそうです。menehuneが修理に出したいモデルのタン裏には〈M1300CP〉とあります。そう告げると、そちらは修理対応モデルとのことでした。

こうして修理対応モデルが判明した時点で〈New Balance〉ユーザーの皆さんは、いま電話をかけている「お客様相談室」から、「修理受付事務局」の電話番号を告げられます。そちらに電話をかけて正式な修理依頼をしてくださいと。そう、二段構えなんですね。

註)2021年初頭からこの二段構えではなく、直接ニューバランスリペアサービス事務局」のフリーダイヤルまで問い合わせができる体制へアップデートされています。詳しくは上に貼ってあるお客様相談室へのリンクを参照されてください。


「修理受付事務局」へかけ直すと、料金と納期の案内をしてくれます。オペレーターによると、

オールソール交換 10,000円+税、納期2か月

オールソール交換とライニング(履き口)交換 15,000円+税、納期3か月



インソール(中敷き)は外して、元払いの「ヤマト運輸」宅配便指定で発送してくださいとのこと。

f:id:sepyas:20210409122037j:plainニューバランスのソール交換を考えているユーザーの大半は、履いているスニーカーのライニング」(履き口)も破けてしまっている方が大半でしょうから、高くてもオールソール交換とライニング(履き口)交換の方をチョイスしたほうがいいのかもそれません。menehuneの〈NEW BALANCE M1300CP〉の場合、左足はともかく、

f:id:sepyas:20210409122031j:plainこのように右足のライニングの破れが酷く、このままだとバックチップにも影響が出てしまうでしょう。

余談ですが、〈楽天市場〉の購入履歴はこうやって相当前まで遡れるのが優れた点だと思います。何年何月何日、幾らで購入したのかが判るこの仕様は、こうやって記事を書くときなど、非常に役立ちますし、再度購入を検討する際の価格の比較ができる点も利点です。Yahoo! ショッピングは5年ほどしか遡れないようです。Amazonもすべての履歴を遡れるようですね。

閑話休題

menehuneが今回修理に出すモデル、〈NEW BALANCE M1300CP MADE IN U.S.A〉の購入は、2013年4月。修理に出した2020年12月の時点から数えても7年前になります。
7年の時を経たとはいえ、ローテーションを心掛けたこともあり、ライニングはボロボロですが、実はソールはそれほど減っていませんし、アッパーはきれいです。むしろここ数年は諸事情あって、履かれることなく靴箱で眠っている状態でした。
当時の購入価格は15,800円プラス税でした。USモデルは、いまではこの価格では買えないですね。

NEW BALANCE 修理受付事務局」オペレーターの修理内容の概要に対して了解した〈New Balance〉ユーザーには、修理申込書と修理に際しての重要事項説明書が郵送されます。これに記入し、宅急便の元払いで品物を発送しました。その後先方からは何も連絡がないので、現物を目視して修理可能と判断されたのでしょう。あとは気長に待つしかありません。

そうして待つこと4か月。2021年4月上旬、見知らぬ0120番号から携帯に着信がありました。セールスかな、と思い電話には出ませんでした。そして留守電のメッセージを聞くとニューバランスのシューズリペアサービスセンターからでした。コールバックし、修理代金の確認と、品物の発送日の確認を行いました。

f:id:sepyas:20210410121648j:plainそして指定日に〈New Balance〉ロゴ入りの段ボール箱が、ヤマト運輸のコレクト便がで到着。配送ドライバーさんに修理代金15,000円プラス税で16,500円を支払い受け取り完了です。

f:id:sepyas:20210410121654j:plain段ボール箱を開梱すると、真新しいニューバランスの靴箱に梱包されています。

f:id:sepyas:20210409122702j:plainNEW BALANCE M1300CP MADE IN U.S.A〉本体を確認します。
註)画像のシューツリーは撮影用です。

f:id:sepyas:20210410130100j:plain真新しいミッドソールの〈ENCAP〉ロゴが嬉しいですね。そしてライニング部分ですが、踵があたる個所からシューレースを通す箇所まで、きれいに修復されています。

f:id:sepyas:20210409122728j:plainNEW BALANCE M1300CP MADE IN U.S.A〉の交換されたソール。

f:id:sepyas:20210409122710j:plainライニング(履き口)もきれいに交換されています。ライニングの素材がオリジナルのクロス状のものから合成皮革に変更する点は事前に告知されています。恐らく耐摩耗性が高いのでしょう。

f:id:sepyas:20210409122721j:plain
事前に告知されていたように、オリジナルモデルの接着跡が露出しています。これは仕方ありませんね。これも事前に告知されるポイントですが、〈バックチップ〉とよばれる、「new balance」もしくは「NB」の刺繍が施されている、踵の外装パーツですが、このパーツ交換は行っていないんです。よって、著しく破損したバックチップが持ち込まれてもライニングの交換に影響するため修理を断られることもあるそうです。

これでまたローテンションを心掛ければ7年近く履けるでしょう。このオレンジ色の〈NEW BALANCE M1300CP MADE IN U.S.A〉は、現在入手することはできません。それに〈M1300〉というモデルが公式サイトや並行物でも軒並み3万円を超えるこのご時世では、このようなリペアサービスを受けるのも選択の一つと言えるでしょう。


スポンサードリンク